マッサン あらすじ ネタバレ 9週(52) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 9週(52)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 9週(52)

    マッサンと鴨居、さらなる決裂!

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『マッサン』 
    2014年11月27日(木) 放送予定
    公式サイト


    マッサン 第9週 52話 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」


    エリーの作戦が上手くいき、ようやく迎えたマッサンと鴨居の会談。
    マッサンは、新商品のウイスキーを造った理由を鴨居に聞きます。
    すると鴨居は言いました。

    理由は二つ。
    一つはウイスキーの認知を日本で広めるため。
    そして二つ目は、ウイスキー造りの資金を貯めるためだと。


    鴨居は子どもの頃の話をはじめました。
    米屋と両替商を営んでいた鴨居の父は、兄ばかりをかわいがり、自分は14歳で薬種問屋に丁稚奉公に出された。
    やがて、その問屋が洋酒を扱うようになり、自分も将来そんなハイカラな酒を自分の手で造ってみたいと思うようになった。
    二十歳になり独立したいと言った時、母親だけが「お前の夢はきっとかなう。思い切ってやってみなはれ」
    と鴨居を応援してくれたと言います。


    母親が言ってくれた「やってみなはれ」 という言葉を力の源にしていると言う鴨居。
    ウイスキーづくりに取り組み、世界を驚かせたいと語ります。


    その情熱に心打たれたマッサンは鴨居にウイスキー原酒を振る舞います。
    めでたく一緒に乾杯しようとしたとき…


      「せやけど日本人にはちょっとビートの癖が強すぎるな。
    わしらが造るウイスキーはもうちょっとビート臭を抑えなあかん」

    鴨居が言った途端マッサンの顔色が変わり、結局、二人は決裂してしまったのです。

    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK 
     「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 第9週 (11月24日~11月/29日)


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4666-efe18484