井上真央 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』2015年1月4日スタート - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花燃ゆ » 井上真央 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』2015年1月4日スタート

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    井上真央 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』2015年1月4日スタート

    井上真央主演  吉田松陰の妹役「文」。
    大沢たかお、伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大など豪華出演陣。
    幕末を生き抜いた若者たち。


    大河ドラマ 『花燃ゆ』
    NHK総合 2015年1月4日(日)スタート 
    <全50回> 初回放送60分拡大版
    公式サイト



    吉田松陰の妹・文を中心に、困難を乗り越える家族の絆と、松陰の志を継いだ若者たちの青春群像を壮大なスケールで描く。
    文は、幕末の思想家として知られる吉田松陰(伊勢谷友介)の妹。
    松下村塾を“女幹事”として支えた人物。
    塾の門下生・久坂玄瑞(東出昌大)の妻となり、夫の死後は長州藩・毛利家の跡取りの守役として仕え、松陰の盟友・楫取素彦(大沢たかお)と再婚する。


    花燃ゆ あらすじ


    嘉永3年(1850年)萩。
    下級武士、杉家の四女・文は、若くして兵学師範として長州藩の軍事調練を率いる兄・吉田寅次郎(のちの松陰)を誇らしく思っていた。
    松陰は11歳にして藩主・毛利敬親に兵学を講義するなど、藩の将来を背負うと期待されていた天才だった。
    文はある事件をきっかけに儒学者・小田村伊之助(楫取素彦)と松陰を出会わせることになる。
    心の繊細さから他人とつきあうことができなかった文だったが、常識にとらわれず振る舞う兄の影響を受け、人と関わることの面白さを知り、たくましく成長していく。

    嘉永6年(1853年)、吉田松陰が脱藩する。
    脱藩は藩主を裏切る大罪。松陰が犯した罪のせいで苦しめられる文と杉家。
    しかしその罪の軽減を藩に熱心に求め続けたのが、のちに文の姉・寿の夫となる小田村伊之助だった。
    文は、兄を救おうとしてくれた小田村に密かに憧れを抱く。

    毛利敬親のはからいで学問の自由を得た松陰だったが、嘉永6年(1853年)にペリーが来航すると、その翌年今度は国禁を犯して密航を企てる。
    黒船に乗船して米国行きを訴えるも、その願いは受け入れられず、密航に失敗した松陰は奉行所に自首。結局故郷・萩の野山獄に投獄されてしまう。文と家族は、松陰が犯した前代未聞の罪によってさらにつらい境遇に置かれるが、家族の絆を改めて感じた文は、書物や食べ物などを差し入れて獄中の松陰を支えるのだった。

    野山獄から出た松陰は、家から出るのを禁じられたため、家族や近所の若者たちを集めて孟子の講義などを始める。
    文は兄を元気づけようと人集めに奔走する。
    すると、初めはペリーや黒船の話聞きたさに集まってきた若者たちだったが、次第に松陰の教える内容にひかれるようになり、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、吉田稔麿、前原一誠ら、その後の日本を動かすことになる若者たちが次々と集まってきたのだった。その松下村塾を幹事のように切り盛りし、塾生たちから妹のように可愛がられた文は、塾生の一人、久坂玄瑞と結婚する。

    しかし、二人の結婚生活は長くは続かなかった。
    時代は幕末の動乱に向かって急速に動き始めていく。兄・松陰は安政の大獄で処刑。
    長州藩内では幕府への恭順を主張する一派と、幕府を批判する一派の抗争が始まる。高杉、久坂、伊藤ら、ともに過ごした仲間が次々に争いに巻き込まれていく中、文は家族と松下村塾を守るため、女としての戦いを生き抜いていくのであった――。
    第1回は、「人むすぶ妹」 


                          NHK大河ドラマ「花燃ゆ」参照


    <脚本>
    大島里美と宮村優子、共同で執筆。

    <語り>
    池田秀一

    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4729-8ac7cbe3