マッサン あらすじ ネタバレ 16週(91) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 16週(91)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 16週(91)

    夢の大地、北海度へ出発!

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『マッサン』 
    2015年1月19日(月) 
    公式サイト



    マッサン 第16週 91話 「人間到る処青山あり」


    昭和7年(1932年)、秋。

    マッサンとエリーは、住吉酒造の大作やキャサリンたち、
    大阪で世話になった人々に別れを告げます。
    夢と希望を胸に、北の大地・北海道へと出発します!


    理想のウイスキー造りを夢見るマッサンとエリーは、北海道・余市に到着しました。
    スコットランドに似た余市の風景を一目で気に入り、感激するエリー。


    早速、かつて北海道の営業でお世話になった、熊虎の元に足を運ぶマッサンとエリーです。

    余市に移り住むことになったと熊虎に挨拶するマッサン。
    しかし、荒々しくガサツに見える熊虎に一抹の不安を覚えたエリーでした。

    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK 
     「人間到る処青山あり」 第16週 (1月19日~1月24日)


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4749-f7a37a61