マッサン あらすじ ネタバレ 17週(97) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 17週(97)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 17週(97)

    売れないリンゴジュース。

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『マッサン』 
    2015年1月26日(月) 
    公式サイト


    マッサン 第17週 97話 「負うた子に教えられ」


    昭和8年秋。
    余市の工場では、リンゴジュースの製造がはじまっていました。

    運転資金を稼ぐために始めたリンゴジュースの製造でしたが、思うように事が運んでいません。

    リンゴジュースの製造は、順調に進んでいますが、販売先が開拓出来ずにいたのです。
    倉庫に積み上がり続けるリンゴジュースの在庫。
    計画通りにはいかない事に、頭を悩ませるマッサン。


    リンゴジュースが順調に売れるようになるまで、ウイスキー事業は始めないと決めていたマッサンと俊夫。
    二人にも焦りが見え始めています。


    そんな中、余市のウイスキー工場の出資者の渡と野々村から、大阪に来るように呼び出されたマッサン。


    その頃、小学生になったエマは、母親が外国人であることを同級生にからかわれ、悩んでいました。

    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK 
     「負うた子に教えられ」 第17週 (1月26日~1月31日)


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4759-2e3efc82