花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第5話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花燃ゆ » 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第5話

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第5話

    金子の死。

    大河ドラマ 花燃ゆ (はなもゆ)
    NHK総合 2015年2月1日(日) 
    公式サイト


    花燃ゆ 第5話 「志の果て」


    ペリーの戦艦に乗り込み密航を企てていた寅次郎と金子は、失敗し牢獄に入れられることになりました。
    寅次郎は、野山獄に捕らわれることになります。
    一方、金子重輔は、身分が低いため、野山獄よりはるかに劣悪な環境にある「百姓獄」と呼ばれる岩倉獄入れられることになります。


    文は、兄の手足になろうと、本などを差し入れるために獄に通い続けていました。
    何度か訪ねるうち、寅次郎と共に捕まった金子重輔の母・ツルと出会います。
    文は、寅次郎の妹だと打ち明けられないままツルと親しくなっていくのでした。


    文が寅次郎の妹であることを知らぬまま、胸に秘めた思いを打ち明けるツル。
    重輔は、病に苦しんでいました。
    江戸の獄で皮膚病にかかり、萩へ戻る道中で肺をやられ衰弱しきっていたのでした。

    文は、寅次郎に弟子入りしたばかりに獄に入れられ、さらに病に苦しむ息子を案ずるツルの気持ちを察すると、胸が苦しくなります。


    スポンサード リンク


    ツルは、ようやく重輔との面会を許されました。
    それは、金子の病状がひどく、獄に入って看病するように言われからだと言います。
    強張るツルは、文に一緒に来てくれませんかとお願いします。


    文は、ツルを支えながら一緒に獄舎に入っていくと…。
    そこには、ボロ雑巾のように横たわっている金子の姿がありました。

    金子の切ない思慕と、悲嘆にくれるツルの姿を目の当たりにした文は、その場に居る事にいたたまれなくなります。



    金子が亡くなりました。
    遺骸を乗せた荷車をツルと、金子の弟・善兵衛が引いています。
    文は、決心し駆け寄り打ち明けるのでした。


    そして、獄中の寅次郎の元へ行くことを許された文。

      「金子様が亡くなりました。」 
      「金子様は、寅兄様が殺したんです。」

    尊敬する兄・寅次郎に、初めて物を申す文。

    ◇2015年度 NHK大河ドラマ 花燃ゆ(はなもゆ) 「志の果て」 5回


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4772-5ad6d295