マッサン あらすじ ネタバレ 19週(109) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 19週(109)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 19週(109)

    マッサン、悲願のウイスキーの完成。これぞ、スモーキーフレーバー!

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『マッサン』 
    2015年2月9日(月)
    公式サイト


    マッサン 第19週 109話 「万事休す」


    1940年(昭和15年)。

    時は流れ、マッサンとエリー、エマが北海道の余市へ来てから、8年が経ちました。
    小学生だったエマは女学生になり、活発で美しい少女に成長しました。


    マッサンが余市で初めて仕込んだ原酒も、仕込みから6年が経過。
    樽の中で寝かされた原酒は十分に熟成し、ついにその時がやってきました。


    マッサンはブレンド作業に取り掛かかります。
    俊夫らが見守るなか、スコットランドから帰国して20年、マッサンが目指してきた、理想とするウイスキーがようやく完成しようとしていました。


    ついに自分が納得できる味、風味を持ったウイスキーを完成させることが出来たマッサン。

    しかし、喜びと共に、そのウイスキーが果たして売れるか?
    と、不安になるマッサンがいました。
    マッサンの悲願だったウイスキー、そして、マッサンだけではなく、皆の夢でもあったウイスキーを完成させることが出来た今、完成だけでは喜べない自分がいたのです。


    経営者であるマッサンは、従業員の雇用と生活を守る立場です。
    ウイスキーの出来映えに、喜んではいられません。
    納得のいくウイスキーは出来たものの、売れるウイスキーでなくては。

    長い年月をかけて、念願叶って完成することが出来たウイスキーですが、世間で受け入れて貰える味に仕上がっているのか?
    確信を持つことが出来ずにいたマッサンでした。

    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK 
     「万事休す」 第19週 (2月9日~2月14日)



    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4778-a98636c4