マッサン あらすじ ネタバレ 19週(113) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 19週(113)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 19週(113)

    売り上げ不振、人員削減。

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『マッサン』 
    2015年2月13日(金)
    公式サイト


    マッサン 第19週 113話 「万事休す」


    念願だった理想のウイスキーが完成し、大きな期待を胸に販売したウイスキーでしたが、半年ほど経過したものの売上は思うように伸びませんでした。

    売上不振で頭を悩ますマッサンは、資金繰りに苦しみます。
    原材料の仕入代金の支払いすら払えない程の窮地に立たされていました。


    一方でエリーは、そんな姿のマッサンを陰ながら応援します。
    苦しくなる家計をやりくりし、今までも困難な時期を何度も乗り超えてきたのだからと、努力を続けるのでした。



    そんな中、出資者の渡と野々村から呼び出されたマッサン。
    事業は失敗したのだと、撤退を宣告されてしまいます。

    マッサンは、なんとかもう一度やらせてほしいと懇願します。
    すると、野々村は代わりに従業員を半分にするよう命じ、苦境を脱すべく余剰在庫のウイスキーで別商品をつくることを約束させるのでした。

    ぼう然としてしまうマッサン。
    かつて鴨居に「経営者としての覚悟」を問われた日のこと思い出すのでした。

    そんな中、苦悩するマッサンのもとを意外な人物が訪問します。

    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK 
     「万事休す」 第19週 (2月9日~2月14日)


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4783-c3c43d49