マッサン あらすじ ネタバレ 21週(123) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 21週(123)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 21週(123)

    エマの恋。一馬が好き。

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『マッサン』 
    2015年2月25日(水)
    公式サイト


    マッサン 第21週 123話 「物言えば唇寒し秋の風」


    ある日、一馬が酒石酸採取に取り組んでいる最中、エマがやって来ました。
    最近何度も研究室を訪れるエマ。

    エマは、一馬がいるのを知って浮かれた様子。
    そんなエマの様子にマッサンは、不思議がるものの、理解できません。

    すると、エマの行動に工員たちの中で、エマは一馬が好きなのでは?
    と、噂が立ちます。


    そこで、マッサンがエマの様子を熊虎に相談します。
    熊虎は、エマはきっと恋をしているのだと言います。

    エマも年頃になったと喜ぶ熊虎ですが、マッサンとエリーは胸中穏やかではありません。
    そんなことはありえないと。



    一方、エマは一馬に好きだと告白します。

    そのことを知った俊夫は、エマと一馬を結婚させれば工場の跡継ぎの問題は解決して上手くいくとマッサンに告げます。
    マッサンも納得しました。


    早速、マッサンはエマの気持ちを確かめます。
    一馬が好きだと告白するエマ。

    いざ、エマから一馬のことが好きだと言われてしまうと、動揺してしまうマッサン。

    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK 
     「物言えば唇寒し秋の風」 第21週 (2月23日~2月28日)


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4799-6c7fbacd