マッサン あらすじ ネタバレ 23週(135) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » マッサン » マッサン あらすじ ネタバレ 23週(135)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    マッサン あらすじ ネタバレ 23週(135)

    「一馬、おかえりなさい会」、そして、終戦をむかえる。

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『マッサン』 
    2015年3月11日(水)
    公式サイト


    マッサン 第23週 135話 「待てば海路の日和あり」



    昭和20年8月6日。

    一馬の合葬儀が執り行われました。

    熊虎とハナは参列し、白木の箱になってしまった一馬を携え帰って来ました。


    深い悲しみに沈みこむ熊虎とハナ。

    二人のために、「一馬、おかえりなさい会」を開いてあげようと提案するエリーです。




    「おかえりなさい会」が開かれました。

    熊虎は、明日からは一馬の分まで力一杯生きていこうと気丈に語ります。

    そして、一馬の戦死を受け入れることが出来ないエマに、気持ちに区切りをつけるよう諭しました。



    その席上で、一馬の夢が詰まった品種改良された大麦の種を一同に披露するマッサン。

    一馬が残した大麦を育てて、ウイスキーを仕込むと決意表明をしました。

    そして、一馬が自らブレンドしたウイスキーで乾杯する一同。



    そんな中、広島に新型爆弾が投下されます。

    混乱の中、亀山家と連絡がとれなくなってしまい、心配するマッサンたち。

    そして、ついに終戦をむかえるのでした。

    ◇平成26年度後期 連続テレビ小説「マッサン」 NHK 
     「待てば海路の日和あり」 第23週 (3月9日~3月14日)


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4815-ad65c7ba