花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第12話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花燃ゆ » 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第12話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第12話

    文と玄瑞の婚礼。

    大河ドラマ 花燃ゆ (はなもゆ)
    NHK総合 2015年3月22日(日) 
    公式サイト


    花燃ゆ 第12話 「戻れないふたり」


    文の行く末を心配した姉・寿が美鶴に頼み込んだ縁談話でしたが、兄・松蔭と伊之助の計らいで、文と久坂玄瑞は、夫婦となることに。
    密かに惹かれあっていた二人は、松蔭の前で将来を約束しあいます。


    文と久坂玄瑞の婚礼が行われました。
    あでやかな文の花嫁姿に、集まった出席者たちは、思わず見とれています。


    塾生からも祝福される文と久坂。
    祝いのお酒がどんどん進み、酔っ払いが続出しますが、お祝いムード一杯です。


    そんな中、酔っ払った高杉が文と玄瑞の前に来ると…。
    久坂の過去の爆弾発言があり、会場は大騒動になります。




    文と久坂の新婚生活は始まりました。
    家族を失い天涯孤独だった久坂は、何気ない日常のあいさつにも戸惑い、照れくささが隠せず、なぜかギクシャクする二人。

    惹かれあってめでたく結ばれた二人でしたが、思い合っているのに素直になれない。
    そんな状態が続きます。


    同じ頃、小田村伊之助と寿夫婦の間にも、気持ちのすれ違いが生じていました。


    一方、江戸にいる吉田稔麿からは、手紙が届きます。
    刻々と変化する日本の外交情勢が伝えられ、吉田松陰と塾生たちは危機感を募らせます。


    ぎこちない新婚生活でしたが、文はささやかな幸せをかみしめていました。
    そんな中、玄瑞に藩医として江戸遊学を許可するという話が来ます。


    玄瑞は文との結婚にある決断をします。
    文に離縁をと…。

    ◇2015年度 NHK大河ドラマ 花燃ゆ(はなもゆ) 「戻れないふたり」 12回


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4836-376d3997