花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第14話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花燃ゆ » 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第14話

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第14話

    安政の大獄の始まり。

    大河ドラマ 花燃ゆ (はなもゆ)
    NHK総合 2015年4月5日(日) 
    公式サイト


    花燃ゆ 第14話 「さらば青春」


    安政5年。

    幕府の大老に井伊直弼就任します。

    幕府は独断で日米修好通商条約に調印します。

    そのことがきっかけとなり、幕政批判の声が世の中でより一層高まっていました。


    大老の井伊直弼は、自らの政治に反対する勢力を一掃しようと弾圧に動き出します。

    井伊直弼は、日米修好通商条約の反対派の取り締まりを開始したのです。

    「安政の大獄」が始まり、朝廷に反幕府運動を働きかけていた攘夷派急先鋒の梅田雲浜と、松下村塾の塾生・赤禰武人が京都で逮捕されました。

    そしてまた、彼らと一緒にいた久坂玄瑞も捕えられたという連絡が文に知らされます。

    久坂玄瑞の安否が分からないまま、不安を募らせる文。



    一方、兄の松陰は日本が直面する危機について、たびたび長州藩藩主・敬親へ建白書を書いていました。

    伊之助もまた、同じように建白書を書き上げていました。

    幕府に対して従う意志を現す長州藩。

    これに対し、松蔭をはじめとした松下村塾の塾生たちは、このままでは国が滅んでしまうと考えていました。

    無謀な計画を考えます。 

    ◇2015年度 NHK大河ドラマ 花燃ゆ(はなもゆ) 「さらば青春」 14回

    スポンサード リンク

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4848-022f7f83