花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第19話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 花燃ゆ » 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第19話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第19話

    高杉晋作の新妻・雅。

    大河ドラマ 花燃ゆ (はなもゆ)
    NHK総合 2015年5月10日(日) 
    公式サイト


    花燃ゆ 第19話 「女たち、手を組む」


    外国との交易が始まり、国内は品不足となりました。

    そのため物価が高騰し、文は日々のやりくりに今まで以上に苦労していました。

    また、寅次郎が処刑された影響もあり、松下村塾の塾生たちは仕事が見つからず、その家族までも苦しい生活を強いられていました。

    そこで文は、家族や友人らと内職しようと考えます。


    寅次郎の残した本を写した写本を売り、軍資金にする計画を立てる塾生たち。

    その貯金したお金を使って、塾生たちは「志を遂げる」といいますが、文には理解できないものでした。

    また、誰かを斬りに江戸や京都に行くのかと思うと、寅次郎の残した松下村塾が学ぶ場所では無くなってしまっていることに悲しくなる文。




    その頃、高杉晋作が藩命で上海へ行くことが決まります。

    高杉は、新妻・雅を一人残していくのを心配し、話し相手になって欲しいと文に依頼してきました。

    ところが、文の元を訪れた雅は、横柄な態度。

    そっけなく、女どうしの付き合いなんて退屈と言って、文は振り回されます。



    その頃、久坂玄瑞は朝廷に攘夷を働きかけるため、塾生たちを集めて志を実現するため、京へ旅立って行きました。

    萩に残った亀太郎は文の元を訪れます。

    自分が描いた寅次郎の絵をじっと見つめていた様子に、胸騒ぎを覚える文。

    ◇2015年度 NHK大河ドラマ 花燃ゆ(はなもゆ) 「女たち、手を組む」 19回


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4912-5de42c37