医師たちの恋愛事情 あらすじ ネタバレ 第9話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 医師たちの恋愛事情 » 医師たちの恋愛事情 あらすじ ネタバレ 第9話

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    医師たちの恋愛事情 あらすじ ネタバレ 第9話

    2015年6月4日木曜日よる22時、木曜劇場医師たちの恋愛事情の第9話あらすじ、第8話のネタバレ 感想です!

    まずは、医師たちの恋愛事情 第8話のあらすじ、感想です!

    第8話では、友子(板谷由夏)と仁志(伊原剛志)先生の関係が友子の旦那さんにもバレてしまいました。
    それも、仁志先生の奥様が市川家の二人を自宅に招待したからです。
    ですが、友子の旦那さんは、「知っていよ!バカにするのもいいかげんにしろ!」って。
    そんな様子の場面ありましたからやっぱりですよね。
    これまで黙っていたのが信じられないくらいです。

    で、仁志先生の奥さんは、友子の子どもを養子にむえるから二度と目の前に現れるな!病院もやめろ!みたいなこと言っていました。
    子どもができない辛さがありますから、辛くて悔しいはず。怒りはごもっともですよね。
    友子は一人で産んで育てていきそうですが。

    第9話へと続きます。

    スポンサード リンク

    医師たちの恋愛事情 第9話 あらすじ

    守田春樹(斎藤工)は、千鶴(石田ゆり子)の元婚約者・柏木誠司(鶴見辰吾)と再会する。手術後の経過を診てもらった誠司は、話があると春樹に切り出し、勤めていた病院を辞めて開業すること、その病院に千鶴を誘ったことを伝える。フェアにいきたい――誠司はそう春樹に告げた。
    別の日、新しいナビゲーションシステムの導入を要望していた千鶴は、カンファレンスの最後に、その件は検討してくれているのか、と切り出した。すると経営本部長の渡辺(生瀬勝久)は、費用対効果が得られないと判断し見送った、と答える。異議を唱える春樹や仁志(伊原剛志)に対して、教授の白石(床嶋佳子)や渡辺は、予算には限りがあるのだから購入費用をねん出するには人件費を削るしかない、と言い出す。その発言がきっかけとなり、病院内では第一外科でリストラがあるかもしれないという噂が広がる。
    一方、医局長の宗太郎(平山浩行)は、息子・悠馬(矢村央希)の骨髄移植のドナーになるため、シフトを変更する。その際、宗太郎は、悠馬の父親は死んだことになっているから気を付けてほしい、とスタッフに頼んだ。だが、春樹だけは、何故嘘をつかなければいけないのか、と納得がいかない。
    そんな折、白石と渡辺は、辣腕経営者として知られる超VIP患者・辺見義剛(名高達男)の主治医に、仁志ではなく春樹を指名し…。

    出典:フジテレビ

    次回の第9話は、前回退院したはずの千鶴(石田ゆり子)の元婚約者・柏木誠司(鶴見辰吾)が再び登場ですね。
    開業する病院に千鶴を引き抜きに来たのです。
    誠司は、退院する時に千鶴に振られていましたので、まだ諦めきれないのですね。
    でも、春樹にお伺いを立てるところが礼儀正しくて好感がもてます。

    そして、経営本部長の渡辺(生瀬勝久)と教授の白石(床嶋佳子)の足の引っ張りあいというか、牽制しあっているというか、この先二人がどう転がるのか気になるところです。

    2015年4月15日からスタートしたフジテレビ系 木曜よる22時ドラマ『医師たちの恋愛事情』の第9話です。
    第9話は、6月4日夜22時から放送予定です。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4949-7fddcf9a