まれ あらすじ ネタバレ 12週(72) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まれ » まれ あらすじ ネタバレ 12週(72)

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    まれ あらすじ ネタバレ 12週(72)

    希、圭太にときめきく!

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『まれ』 
    2015年6月20日(土) 放送予定
    公式サイト

    まれ 第12週 72話 「官能カスタードクリーム」


    希が今できる精一杯の力を出して完成させた「ジュテーム・モワ・ノン・ブリュ」。

    ついに完成しました!

    大悟のチェックがはいると、「小学生の初恋だな」と。

    けれど、その出来映えに不満ながらも「半額で出しとけ!」と。


    希のケーキは、半額ながらもショーケースに並べても良いことになりました。

    少し認められた?と嬉しくなる希。

    店のショーケースに自分のケーキを並べる希は、嬉しさを隠せません。

    そんなウキウキの希の様子に、真剣な眼差しで見つめている陶子がいました。

    スポンサード リンク


    休みの日、希は養鶏場の浜田に自分が作った「ジュテーム・モワ・ノン・ブリュ」を届けに行きました。

    練習の時にだいぶ失敗して、卵を無駄にしてしまったと謝る希。

    けれど浜田は、こんなに美味しいケーキが出来たのだから無駄じゃないよ、と。

    そして、大輔についてある事を教えてくれます。

    実は…
    「だいぶ煮詰まっているみたいだから、いい空気を吸わせてあげて、大悟の話を聞かせてやってほしい」と、希を初めて養鶏場に連れてきた時に大輔に頼まれたことを打ち明けてくれました。

    その後、希がスッキリした顔をして帰ったから自分のことのように大輔も喜んでいたんだ、と。

    おっとりしていて、何も考えていないように見える大輔ですが、見かけによらず相手の事を思い合える、繊細で良いやつ。

    希の知らない大輔でした。


    希は大輔に恋心を自覚します。

    横浜に戻った希は大輔を公園に呼び出しました。

    告白の返事をしようとする希。

    大輔に言われた言葉が頭から離れないと告白する希。

    大輔は希を抱きしめ、「ゆっくりでいいよ」と。

    すると、大輔はパプアニューギニアに行く、夏まで帰れないと言いだしました。

    「?!」

    希の気持ちは夏に聞かせて欲しいと言い残した大輔は、海外へ旅立ってしまいました。



    そして夏がやってきました。

    久しぶりに能登に帰省した希と高志は、圭太らが中心となって企画してくれた夏の成人式に参加します。

    しかし、一子は帰って来ませんでした。

    自分があんなことを言ったばかりに、一子の両親に寂しい思いをさせてしまったと落ち込む圭太。

    そんな圭太につきあい、希は一晩中寄り添います。

    仲間たちと飲み明かし、いつのまにか寝てしまっていた希。

    目を覚ました希に、圭太が声をかけました。

    「おはよう。」

    希は圭太を見つめたまま固まってしまいます。

    大輔のときと同じように感じた”ときめき”を覚えたのです。

    ◇平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」 NHK 
     「官能カスタードクリーム」 第12週 (6月15日~6月20日)


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4955-8a336ed3