Dr.倫太郎 あらすじ ネタバレ 最終回 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » Dr.倫太郎 » Dr.倫太郎 あらすじ ネタバレ 最終回

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    Dr.倫太郎 あらすじ ネタバレ 最終回

    2015年6月17日 日本テレビ系、水曜夜22時ドラマDr.倫太郎 第10話(最終回)あらすじ、第9話のネタバレ、感想です!

    まずは、第9話のあらすじ、感想からです!

    第9話では、倫太郎と夢乃の写真が週刊誌に掲載されたことで、人波乱ありました。
    円能寺は怒りが爆発し、倫太郎を辞めさせる考えです。

    代わりに荒木が復帰し、倫太郎の患者を引き継ぐ事になったのですが、荒木は病気を抱えているのが発覚します。

    夢乃とるり子は、倫太郎や慧南大学病院からお金を取るために記者会見を開きます。
    週間誌の報道の件について、自分たちのいいように話をする二人。

    それでも倫太郎は、夢乃(明良)の力になりたいと優しく接します。
    倫太郎は医師として夢乃を受け入れ救おうとしますが、夢乃は医師としてではない倫太郎と向き合っていきたいと願います。

    倫太郎は、夢乃との一線を越えないようにと自分の気持ちを押し殺していましたが、もうそれが抑えきれなくなります。
    立ち去る夢乃を追いかけ、強く抱きしめるのでした。


    最終回、10話へと続きます。

    スポンサード リンク

    Dr.倫太郎 第10話 最終回 あらすじ

    医師としての一線を越え、夢乃(蒼井優)を抱きしめた倫太郎(堺雅人)。 スキャンダルの一件で自宅謹慎を命じられた倫太郎は、明良とともに穏やかな時間を過ごすうち、明良の解離されていた人格が統合されたのではないか思えるほど治療の効果を感じ始めていた。
    そんな折、るり子(高畑淳子)が無銭飲食で逮捕され、実娘の明良は身元引受人として警察に出頭することとなり、不安を抱えつつも明良はるり子と対峙する。
    一方、新病院開業の野望が破れた円能寺(小日向文世)は、その失意から精神を病み始める。円能寺は、すべてが倫太郎のせいだと暴れ始め、倫太郎をはじめ蓮見(松重豊)や宮川(長塚圭史)にも「みんなクビにする」と言い放つ。円能寺がそんな状態では病院の行く末も危ういと、倫太郎は蓮見から、円能寺を何とかしてほしいと頼まれる。円能寺を急性ストレス障害だと診断した倫太郎は、円能寺と向き合い、彼の話を聞こうとするのだった。
    倫太郎は明良と過ごす時間の中で、明良の存在が自分自身にとって、無くてはならないものだと気づき始める。そして母・加奈子の命日、自分の気持ちを明良に告白する決意をする。

    出典:日本テレビ

    最終話では、円能寺が患者なんですね。
    新病院開業へ意欲を燃やしていたのですが、夢破れ、急性ストレス障害になってしまった円能寺。
    失意から精神を病み始め、すべての根源は、倫太郎のせいだと暴れる始末。
    そんな円能寺を倫太郎が主治医として治療する最終回。

    一方、夢乃と明良の人格は統合されるのでしょうか?

    そして、倫太郎の中で、夢乃(明良)の存在がなくてはならないものになっていき、将来を考えるようになります。

    「結婚していただけませんか?」
    倫太郎は、夢乃に結婚を申し込みます。

    二人の行く末は…。

    2015年4月15日からスタートした日本テレビ系 水曜よる22時ドラマ『Dr.倫太郎』の最終回です。
    第10話は、6月17日夜22時から放送予定です。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/4976-40c347b2