明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ あらすじ 26話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まれ » 明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ あらすじ 26話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ あらすじ 26話

    明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~26話 あらすじ ネタバレです。

    昼ドラ(フジ系東海テレビ) 
    「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」 第26話
    2015年7月6日(月)
    公式サイト


    明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~第26話 あらすじ


    「路加、海を見に行きましょうか」

    真也は路加を抱っこし、歩き出しました。

    駆けつけた恭子と律は、声をかけるもその声は届かず…。

    吸い込まれるように川に飛び込みそうになる真也。

    「お母ーさん、お母ーさん!!」律の母を呼ぶ必死の声…。

    我に返った真也は、その場に泣き崩れました。

    恭子は、路加を律に託し家に帰らせます。

    真也に寄り添ってあげる恭子。

    真也は恭子に、自分の生い立ちからこれまで抱えてきた悩みを吐き出しました。

    実母からの虐待により、自分も同じ様に律や路加を苦しめるのではないかと不安にさいなまれ苦悩していたと。

    母親になっちゃいけない、ダメな人間なのだと卑下する真也。

    そんな真也に「あなたの気持ちは路加くんにちゃんと届いている」「路加くんはとっても良い子よ」

    とてもよい子に育てたのは真也であると、真也を褒める恭子。

    真也は泣き崩れてしまいました。




    一方、律は今回の出来事のきっかけは自分にあると悩み苦しんでいました。

    その様子を見た調は、律を笑顔にしようとある提案します。


    律のバイト先「みさき」に行き、思わぬ人と遭遇することになりました。

    恭子は、絹江と目が合い思わず息を呑みます。

    32年前、恭子や弟を置いて家を出ていった母が居たからです。

    そして、すぐに娘・恭子だと分かった絹江。

    けれど、気付かぬふりをしてしまいます。


    ある日、律はご飯を作りに来たと真也に会いに行きます。

    「今度は私が料理を作るから」

    「心配しないで。ちゃんと路加を迎えに行けるように生活を改めるから」

    と、声をかける真也。

    真也が少しずつ変わってきているのを感じ、安心する律。

    出典:東海テレビ

    ◇「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」 昼ドラマ 第26話
     2015年6月1日(月)スタート ~7/31(9週・45話) 毎週月曜から金曜の13時25分
    ※番組編成の都合で、時間が前後する日がありあます。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5016-555f6c18