明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ あらすじ 35話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ » 明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ あらすじ 35話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ あらすじ 35話

    明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~ 35話 あらすじ ネタバレです。

    昼ドラ(フジ系東海テレビ) 
    「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」 第35話
    2015年7月17日(金)
    公式サイト


    明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~第35話 あらすじ


    律に父親だと名乗るつもりは無いが、大学の4年間だけは見守らせてほしい、自分の事務所で律が働くことを許してほしいと隆にお願いされた恭子。

    大輔に反対されながらも、恭子は、律の将来のことを思い了承します。

    隆は、息子の律と一緒に仕事が出きる喜びで微笑みます。


    一方、母親に会いに行った真也は、酷く落ち込み、隆を思わず呼び出してしまいます。

    久しぶりに隆の優しさに触れたり、昔の話で盛り上がったり、真也は心地よい安らぎを感じました。



    そんな中、アパートには、路加を送り届けた律が待っていました。

    帰りの遅い真也を待つ律。

    路加は、眠ってしまっています。

    そこへ、車の音がしてベランダへ出ると…、タクシーから降りてきた真也と男性。

    その男性は、隆でした。

    律は、真也と隆の話ぶりで一瞬にして路加と自分の父親が隆だと確信します。
     

    律は、隆の事を見なかったことにして、誰にも言わず一人悩んでいました。

    そんな元気のない律の様子に、恭子は心配します。

    恭子は律に声をかけるも、何でもないと言ってバイト先である隆の事務所に向かいました。

    けれど、隆とどう接してよいか分からず、風邪を引いたと言って、休んでしまいます。


    絹江も律の様子がおかしいことに気がつきます。

    恭子を店に呼び出し、律は、隆が自分の父親だと気付いてるんじゃないのかい?と言いました。

    恭子は、決意します。

    律に、実の父親が隆であると打ち明けようと。


    また一方で、隆の様子がどこかおかしいことに気づいていた妻は、隆が探偵事務所に依頼していた、律の調査報告書を発見してしまい…。

    出典:東海テレビ

    ◇「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」 昼ドラマ 第35話
     2015年6月1日(月)スタート ~7/31(9週・45話) 毎週月曜から金曜の13時25分
    ※番組編成の都合で、時間が前後する日がありあます。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5041-2e8235ec