美女と男子 あらすじ ネタバレ 第17話 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 美女と男子 » 美女と男子 あらすじ ネタバレ 第17話

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    美女と男子 あらすじ ネタバレ 第17話

    2015年8月4日火曜日よる22時からNHKドラマ10 美女と男子 17話 あらすじ ネタバレ、16話のあらすじ 感想です!


    まずは、16話あらすじ、感想です!

    一子が新社長となり、「ひのでプロ」はスタートしました。

    新たな新人の田中幸子のマネージャーは、社長兼マネージャーの一子が担当します。

    幸子のプロモーションで各テレビ局を訪問する一子。

    なんとか仕事が貰えないかアピールします。


    そんな中、「ひのでプロ」再結成のお祝いをたどころのお店でしていると、遼がやって来ました。

    知らされていなかった遼は憤慨します。

    一子は、知らせる必要はないからと、冷たい言葉を返しますが、心の中では遼をいつも心配していました。


    遼の仕事があまり上手くいっていないと聞いて、撮影現場に見学に行く一子と幸子。

    そこで、秋田繋がりで幸子は思いがけなく仕事が貰えます。

    幸子の演技の機転により、遼は殻を破る演技が出来き、監督に褒められます。

    これまでの遼は、役を演じているだけでした。

    役になりきった演技が必要だと実感した遼。


    ある日、東西テレビの三島から連ドラの主題歌の依頼の電話がかかってきました。

    それは、すでに大物歌手に決まっていると聞いていたのですが、三島がどうしてもたどころじゃないとダメだと言います。

    たどころに直ぐに知らせようとする一子ですが、あまりの嬉しさに言葉が上手くでてきません。

    では、美女と男子 第17話へと続きます。



    美女と男子 第17話 「ツインソウル」 あらすじ

    遼(町田啓太)の主演映画は撮影が佳境。“絶望”を演じる大事なシーンについて悩む遼は、決別したはずの一子(仲間由紀恵)に救いを求める。そんな折り、初めて祖母役のオファーを受けた大女優・麗子(真野響子)は、憤慨してひのでプロにたてこもり、一子たちを困らせる。一方、東西テレビの三島(大西礼芳)から連ドラの主題歌の依頼を受け、曲作りに打ち込むたどころ(高橋ジョージ)は、ダメ出しをされ苦しんでいた…。

    出典:NHK


    2015年4月14日からスタートした NHK総合ドラマ10 『美女と男子』第三部の第17話です。
    第17話は、8月4日夜22時から放送予定です。
    再放送もあります。総合 2015年8月11日(火)午前0時10分(月曜深夜)
    NHK総合 毎週火曜 連続20回です。


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5059-ff4996df