まれ あらすじ ネタバレ 21週(121) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まれ » まれ あらすじ ネタバレ 21週(121)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    まれ あらすじ ネタバレ 21週(121)

    121 再び、パティシエの道へ!!

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『まれ』 
    2015年8月17日(月) 放送予定
    公式サイト

    まれ 第21週 121話 「復活マルジョレーヌ」


    徹が残していった洋菓子店出展の企画書を読み、父の愛情と期待を知ったまれ。

    徹の勝手な行動に心から憤慨していたまれでしたが、徹に感化されたまれは決意します。

    もう一度、自分の夢をかなえよう!パティシエ職人の道へ進もう!


    まれの決意を聞かされた圭太は、パティシエ修行に出ることを勧めます。

    しかし、まれは遠距離の結婚生活はしたくはありません。

    夫婦がいつでも助け合えるように近くにいたいと願います。

    まれは、能登でパティシエの道を歩む道を選択しました。



    早速、塗師屋の女将とパティシエの両立を目指し、計画を立てます。

    午前はパティシエ、午後からは女将の仕事をするというのがまれが立てた計画です。


    圭太はまれのプランを携え、弥太郎の説得に伺いました。

    しかし、弥太郎が待ったをかけます。

    その相手はまれではなく圭太にです。


    弥太郎は、塗師屋とパティシエを両立させるという無理のある計画をまれに強いるつもりなのか?

    まれの夢を叶えてやる気はないのか?

    パティシエに専念できるように…と、圭太を叱責したのです。

    ◇平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」 NHK 
     「復活マルジョレーヌ」 第21週 (8月17日~8月22日)


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5068-7237eb03