まれ あらすじ ネタバレ 22週(131) - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » まれ » まれ あらすじ ネタバレ 22週(131)

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    まれ あらすじ ネタバレ 22週(131)

    131 仕事と育児の両立の難しさ。

    NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『まれ』 
    2015年8月28日(金) 放送予定
    公式サイト

    まれ 第22週 131話 「出産クッサンベイビー」


    まれは、圭太に双子の赤ちゃんの子守りを任せて、特注のケーキづくりに専念します。

    最初は、全然乗り気ではなかったケーキ作りでしたが、久しぶりの厨房に立つまれは、とても生き生きとして嬉しそうです。


    ケーキを完成させ家に帰ると、歩実の様子がおかしい事に気が付いたまれ。

    歩実は、熱を出していました。

    急いで病院でみてもらうと、軽い風邪ということが分かり、胸をなでおろす二人。

    母として、深い反省と後悔するまれは、仕事と育児の両立が果たしてこの先出来るのだろうか?

    と、迷いが生じます。



    そんなまれに、藍子が思いがけない厳しい言葉を放ちます。

    その程度の覚悟しかないのなら店を辞めてしまいなさいと。


    落ち込むまれに、文は仕事と子育てを両立させる秘訣を伝授します。

    「仕事の犠牲になっていると子供に感じさせない育て方が両立の秘訣だ」と。

    文のこれまで苦労した人生経験からくる、とても心に響くアドバイスです。


    一方圭太は、子育てと仕事の両立をどのようにこなしていけば良いのかと、真剣に考えていました。

    ◇平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」 NHK 
     「出産クッサンベイビー」 第22週 (8月24日~8月29日)


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5079-648ad6ef