あさが来た あらすじ ネタバレ 32話 新次郎の相手は美和 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 32話 新次郎の相手は美和

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    あさが来た あらすじ ネタバレ 32話 新次郎の相手は美和

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第6週 32話の内容、ネタバレになります。

    貧しい暮らしを強いられて、苦労しているはつの身を案じる忠興。
    忠興は、はつの様子を見に行きますが、はつには気づかれずに遠くから眺めるだけです。
    声をかけずに、その場を後にします。
    また、新しい事業に一生懸命なあさ。新次郎との間に赤ちゃんができない事に周りは気を揉みます。
    そこで、新次郎が毎晩通う女性・美和をつきとめた母・よのは…。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第6週 32話 「妻の決心、夫の決意」 あらすじ


    新次郎とあさは、「炭鉱事業」の件で意見が食い違い、仲直りしていませんでした。

    はつの件で新次郎にお礼を言いたいあさでしたが、すれ違ってしまいます。


    そんな中、『加野屋』にあさの父・忠興が訪れました。

    忠興は、いち早く新政府に貢献した功績を認められ、今や、日本経済の中心を担う実業家となっていました。

    今井家は、一番に新しい風に上手く乗っていたのです。


    忠興を正吉とよのは大歓迎し、世間話をしていると、あさは炭鉱の話をし始めました。

    「旦那さんの世話もしないで、余計な事ばっかり考えて!」

    忠興は、相変わらずなあさの言動に一喝します。

    そして、申し訳ないと正吉に侘びをいれます。

    しかし、正吉はあさに嫁に来てもらって本当によかったと思っていると言います。

    今の『加野屋』には、あさのような柔軟な考えが必要、お嫁に来てくれて本当に良かったと話すのでした。

    スポンサード リンク


    『加野屋』を後にした忠興は、はつの様子を見に向かいます。

    あさに案内され向かった先に、はつが見えます。

    はつは、栄達とふゆと一緒に畑仕事をしているようです。

    忠興とあさは、はつに気づかれずに、遠くから様子を眺めています。

    はつのお腹は大きくなっており、栄達が気を配ってくれているように見えました。

    不便な暮らしをしているはつを案ずる忠興でしたが、はつの笑顔が今の幸せを物語っていると感じます。

    はつの笑顔に安心した忠興は、顔を会わせることなくその場を去ろうとしました。

    と、その時、栄達と目が合います。

    忠興が頭を下げ、栄達もまた頭を下げます。

    栄達は一瞬はつを見ましたが、忠興の胸中を察し、はつに告げることはしませんでした。


    あさは「炭鉱事業」について、再び忠興に意見を仰ぎます。

    忠興は、これから発展する産業ではあるけれど、リスクも大きい事業だと助言しました。

    これを踏まえて、それでもやると言うのなら勝手にやればよい、それが、あさにとって「家を守る」という事なんだろうと言います。


    一方、「炭鉱事業」で頭が一杯のあさは、新次郎が毎晩通っている先が、美和の家であったことを母・よのが聞きつけていた事は、知るはずもありませんでした。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2015年11月3日(火) 放送予定
     「妻の決心、夫の決意」 第6週 (11月2日~11月7日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5147-fd2b1c97