あさが来た あらすじ ネタバレ 47話 はつへ、和歌山の土地を - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 47話 はつへ、和歌山の土地を

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 47話 はつへ、和歌山の土地を

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第8週 47話の内容、ネタバレになります。


    東京に発つ前にと、梨江が加野屋に挨拶に来ました。
    梨江は、自信を無くしかけていたあさを励まします。
    そして、一番心配なはつに、今井家で所有していて使われていなかった和歌山県にある土地を譲りたいと証文を持参します。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第8週 47話 「京都、最後の贈り物」 あらすじ


    あさの母・梨江が『加野屋』にやって来ました。

    今井家が東京に移転する為、その前にと、よのに挨拶しにみえたのです。


    梨江は、仕事に熱心すぎる、あさの至らなさを詫びました。

    そして、あさを叱りますが、そんな事を言いながらも、あさの生き方も間違いではないと言います。

    女性としての自信の持てないあさを励まし、自信を持ちなさいと勇気づけます。

    梨江は、今井家が所有する和歌山の土地の証文をはつに渡して欲しいとあさに頼みました。



    ちょうどその頃、はつが『加野屋』にやって来ます。

    はつは、証文は受け取れないと、梨江につき返します。

    そんなはつを、あさは説得します。

    これは銀行からお金を借りることと同じであると。

    貰うんじゃなくて貸して貰うと思えばよいと言います。

    だから、証文を受け取るようにと言うのです。

    はつは、梨江に感謝を述べながら、証文を大切に胸に抱きかかえるのでした。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2015年11月20日(金) 放送予定
     「京都、最後の贈り物」 第8週 (11月16日~11月21日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5166-f79085a9