オトナ女子 あらすじ 第5話 順調すぎる恋愛は不安? - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » オトナ女子 » オトナ女子 あらすじ 第5話 順調すぎる恋愛は不安?

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    オトナ女子 あらすじ 第5話 順調すぎる恋愛は不安?

    オトナ女子 第5話 あらすじ ネタバレ

    「オトナ女子」第4話の感想です。
    亜紀は、池田と結婚を前提にお付き合いして下さい!と申し込まれたんですが、真剣に考えるからと、一旦持ち帰りしましたね。
    池田とつき合う事になりましたが、亜紀は実は高山の事が気になり始めてしまった…。
    そして、高山もまた、2人を祝福していたのですが、自分の気持ちがおかしい事に気がついて驚いていましたね。

    萠子は、相変わらず栗田に振り回されています。

    みどりは、子どもの担任・沢田先生と関係を持ってしまい、罪悪感一杯です。
    沢田先生は、本気なのかな~?
    見た目がまるで親子だし、息子たちと同じくらい?なので、しっくり来ない恋愛パターンなのですが。

    視聴率があまり良くないらしいですね。
    世間から支持されにくい内容ではないか、篠原涼子さんが綺麗すぎるのではないか、と話題になっていました。
    でも、録画して見ている人たちも一杯いるかと思うのですが。


    「オトナ女子」第5話 あらすじに続きます。

    スポンサード リンク

    木曜劇場 オトナ女子
    第5話 フジテレビ 
    2015年11月12日(木)
    公式サイト

    オトナ女子 第5話 あらすじ

    亜紀(篠原涼子)と池田(平山浩行)は交際を続けていた。順調すぎで逆に不安を覚えている、という池田に、愛とは決して後悔しないこと、前に進むしかない、と助言する高山(江口洋介)。
    萠子(吉瀬美智子)のフラワーショップにやってきた栗田(谷原章介)は、以前付き合っていた女の子から、妊娠したので責任を取ってほしいと言われて困っている、と相談する。交際していたのは1年以上前なので辻褄は合わないが、下手に騒がれても困る、というのだ。栗田の言動に腹を立てていたはずの萠子は、相談されたことが嬉しくてつい彼を許してしまう。
    一方、三男・陵(浦上晟周)の担任でもある沢田(千葉雄大)とベッドをともにしてしまったみどり(鈴木砂羽)は、亜紀と萠子にその件を告白する。しかも、子どもたちがそれに気づいているかもしれないらしい。そんな話をしている間にも、沢田から「あなたに会いたい」というメールが届き、困惑するみどり。萠子は、「もう会わない」と言って自分を責めるみどりに、お互い独身なのだから何も悪くない、と告げる。それに対して亜紀は、子どもたちのことや立場も考えるべきだと言い出し…。
    そんな折、高山のもとを訪ねた亜紀は、どこかしっくりいっていない池田との交際について相談する。高山は、亜紀たちはお互いに気を遣い過ぎだと指摘し、一度思い切り甘えてみてはどうか、と提案する。

    出典:フジテレビ

    ◇木曜劇場 「オトナ女子」 フジテレビ 2015年11月12日(木)夜10時から


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5169-4fa8fe1b