あさが来た あらすじ ネタバレ 51話 あさ、弱音を吐く - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 51話 あさ、弱音を吐く

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 51話 あさ、弱音を吐く

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第9週 51話の内容、ネタバレになります。


    あさは、思うように進展しない改革案に頭を悩ませます。
    何事も動じない元気なあさが、珍しく弱音を吐き、亀助は驚きます。
    あさ最大の強敵サトシは、なぜこんなにも反発色を強めるのでしょうか。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第9週 51話 「遠く離れて」 あらすじ


    あさは、古い体質を変えるために改革案を打ち出しますが、思うように進展しない日々が続いていました。

    前へ進まないこの状況に、あさは、珍しく弱音を吐きます。

    本当は、新次郎のお世話をしたり、子どもを育ててみたいと思っているのに…。

    自分は、嫁失格だと。

    そんなあさの本音を聞かされ亀助は驚きます。


    あさは、弱音を吐きながらも、問題を解決しようと飯場に向かいます。

    治郎作に炭鉱には炭鉱のやり方があると怒られてしまいますが、新しいやり方に賛同してもらう為に挫けないあさ。


    現場の雰囲気は少しずつですが、改善されてきていました。

    あさは、治郎作や鉱夫たちからも一目置かれるような存在になっていて、いつのまにか、「姉御」と呼ばれ慕われるようになっていました。

    しかし、サトシのグループだけは、一筋縄ではいきません。

    あさに対して、ますます反発します。


    あさは、休憩時間を利用して、鉱夫たちに新しい改革案を発表します。

    処遇に関することです。

    成果に応じて給金を平等に分配すると。

    皆、あさの改革案に賛同する中、納屋頭達も渋々受け入れるといった感触でした。

    しかし、サトシが口を開き、形勢が逆転します。

    そんな話に騙されるな!と。

    納屋頭達はサトシに同調し、鉱夫たちを威嚇します。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2015年11月25日(水) 放送予定
     「遠く離れて」 第9週 (11月23日~11月28日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5173-8043fcd6