あさが来た あらすじ ネタバレ 63話 あさの出産方法はどっち? - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 63話 あさの出産方法はどっち?

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 63話 あさの出産方法はどっち?

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第11週 63話の内容、ネタバレになります。


    いよいよ出産間近のあさ。
    そこで、あさの出産方法をめぐって対立が起こります。
    そんななか、雁助とうめの関係が…。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第11週 63話 「九転び十起き」 あらすじ


    月日が流れ、あさは臨月を迎えました。

    家督を榮三郎に譲って以来、正吉とよのは、仲睦まじく過ごしていたのですが、加野屋では、ちょっとした騒動が起こっていました。

    正吉とよのは、あさの出産方法について、意見が分かれてしまっていたのです。

    医者か産婆か?

    正吉は西洋医学を学んだ医者が安心だと言い、よのは自分の経験から産婆が良いと、どちらも一歩も引きません。

    意見の食い違いから、喧嘩になってしまいます。



    その様子を見ていた雁助は、あんなに中の良い夫婦が喧嘩してしまうなんて…と。

    かつて、家族を持っていた雁助は、自分の過去を打ち明けます。

    そんな雁助に、うめは惹かれていました。


    その様子に気づいたふゆは、遠慮しながら遠ざかると、そこへあさがやって来ました。

    あさの登場で、慌てるうめと雁助、ふゆ。

    うめと雁助は口裏を合わせ、何もなかったかのように振舞います。

    そうとは知らないあさは、亀助がふゆを好いている事を思い出します。

    そこで、字の下手なふゆに変わって、雁助に代筆を頼みました。

    九州で一人頑張っている亀助の為に、ふゆからの手紙を送ってやりたいとお願いするのでした。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2015年12月9日(水) 放送予定
     「九転び十起き」 第11週 (12月07日~12月12日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5188-bd1e5279