オトナ女子 あらすじ 第8話 亜紀と高山がデート! - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » オトナ女子 » オトナ女子 あらすじ 第8話 亜紀と高山がデート!

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    オトナ女子 あらすじ 第8話 亜紀と高山がデート!

    オトナ女子 第8話 2015年12月3日(木)のあらすじ、ネタバレ、感想などです。

    まずは、「オトナ女子」第7話の感想からです。

    亜紀は、池田と別れましたが、これからは友人としてのつきあいを続けていくそうです。

    傷心の亜紀を追いかけて温泉まで行った高山でしたが、酒に酔ってぐっすり眠る亜紀の姿に安心し、声をかけずに帰宅しました。
    なので、何も進展しないのかな?と思ったのですが、あきの仕事のトラブルがあったりと、なんだか距離が縮まった様子です。

    亜紀の盗撮写真は、実は同じ会社の立花沙織(平山あや)が亜紀への嫌がらせでやったことでした。
    この人、同僚の前川亮介(吉沢亮)が好きなんですよね。
    しかし、前川亮介が亜紀のことが好きなので、気に食わないと。

    結局、亜紀は沙織のことを会社には告げずに、胸にしまいます。
    そして、高山や亮介のプッシュもあり、亜紀は無事、元のモバイルコンテンツ部門に戻る事になりました。

    で、みどりの息子たちの問題はまだ解決できず、沢田先生との関係もどっちつかずなんですよね。

    次回8話へ続きます。


    「オトナ女子」第8話 あらすじに続きます。

    スポンサード リンク

    木曜劇場 オトナ女子
    第8話 フジテレビ 
    2015年12月3日(木)
    公式サイト

    オトナ女子 第8話 あらすじ

    亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)らの助力もあってモバイルコンテンツ部への復帰を果たす。亮介(吉沢亮)も、社長の栗田(谷原章介)に何度も亜紀の復帰を訴えていたらしい。そこに美和(市川実和子)がやってきて、仕事を辞めようと思っている、と言い出す。亜紀は、そんな彼女に、相談に乗るからもう一度考えてほしい、と告げた。
    萠子(吉瀬美智子)は、母親の絹江(朝加真由美)から栗田と別れたことを責められ、口論になってしまう。そこに現れた田代(丸山智己)は、絹江を上手く外に連れ出し、その場を収める。
    みどり(鈴木砂羽)は、沢田(千葉雄大)から電話をもらい、陵(浦上晟周)が通う中学校を訪れる。応対した教頭は、調査の結果、陵に対するいじめの事実はなかったとみどりに告げるが…。
    一方、小説の執筆を進めていた高山は、主人公が無邪気に喜んでいる描写の参考に、と亜紀の好きなものをリサーチする。亜紀がJAZZ好きだと知った高山は、有名なJAZZミュージシャンのディナー付き演奏会のチケットを入手し、彼女を誘う。
    演奏会当日、亜紀は、ドレスアップして高山が待つカフェ『caldo』を訪れる。マスターの霜田(池田成志)から車を借りた高山は、亜紀をエスコートして会場へと向かうが…。

    出典:フジテレビ

    ◇木曜劇場 「オトナ女子」 フジテレビ 2015年12月3日(木)夜10時から



    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5193-982e7f92