新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 2話 18歳の出産 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 新・牡丹と薔薇 » 新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 2話 18歳の出産

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 2話 18歳の出産

    まずは、新・牡丹と薔薇 第1話のあらすじ、ネタバレ、感想です。

    昭和57年の夏、高校3年生の眞澄は、大学生の彼の子を妊娠しています。
    彼は、卒業し就職したら結婚しようと約束をし、妊娠している子を絶対に産んでほしいと眞澄にお願いします。

    しかし、彼と連絡がとれなくなってしまい、不安になった眞澄は彼の実家を訪ねます。
    すると、喪服を着た母親が…。

    なんと彼は、交通事故で死んでしまったと言うのです。
    絶望の中、眞澄は彼の母親には何も告げずに帰ってきました。


    眞澄は、母親が女優で、父親は知りません。
    父親は大物歌舞伎俳優だとか。
    母親は、世間に子どもが居ることを隠していました。

    眞澄は、祖母・祖父に育てられ、母親に会うこともあまり無い為に、誰にも相談出来ず、臨月を迎えてしまいます。
    (産婦人科にいる看護師二人は、18年前の牡丹と薔薇~!)

    眞澄は誰にも妊娠の事実を知らせることなく、出産目前まで来てしまいました。
    相談できたのは、親身になってくれた産婦人科医の稲垣だけです。
    予定日まで、あと二週間です。


    それが、眞澄の友達の密告により、家族に妊娠している事が知られてしまいます。
    祖父からは、酷い暴言を浴びせられます。

    女優の母親が駆けつけ、大騒ぎになり、祖父・祖母・母親は叩きあいの大喧嘩に。
    子どもが居たこと、ましてや、眞澄が高校生にも関わらず、未婚で妊娠するなんて、スキャンダルだと、自分の保身を訴える母親。

    可哀想な眞澄は、放心状態です。

    そんななか、眞澄はお腹が痛いと言い出し、産気づいてしまいました。

    明日は、眞澄の出産です。
    赤ちゃんを育てたい眞澄ですが、希望通りには行かないようです。

    「新・牡丹と薔薇」第2話 12月1日(火) あらすじに続きます。

    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇
    第2話 フジテレビ・東海テレビ
    2015年12月1日(火) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    新・牡丹と薔薇 第2話 「父は梨園の大物役者」あらすじ ネタバレ

    母と祖父が眞澄(美山加恋)の妊娠のことで言い争いを始める中、眞澄の陣痛が始まる。病院に運ばれ、眞澄は無事出産。生まれたのは女の子だった。
    お腹が大きくなるにつれ、母性が目覚めた眞澄は生まれた子を自分で育てる気でいた。しかし母の萌子(山口いづみ)が猛反対する。ついに母の勢いに負けた眞澄は、娘を養子に出すことに。仲介をする稲垣(西村和彦)に、せめて名前だけは稲垣が命名してくれた"富貴子"にしてほしいと懇願する。
    それから時が過ぎ、昭和61年の秋のこと。母のもとで暮らし、大学生としてキャンパスライフを謳歌する眞澄は美しい娘に成長。実の父が有名な歌舞伎俳優である眞澄のことを、萌子は密かに女優にしたいと思うようになっていた。そんな中、大学のミスキャンパスに選ばれた眞澄は、バラ園を経営する崑一(岡田浩暉)という洗礼された大人の魅力を持つ男性と出会う。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「新・牡丹と薔薇」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5195-d3792e21