新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 11話 ぼたんと美輪子の亀裂! - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 新・牡丹と薔薇 » 新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 11話 ぼたんと美輪子の亀裂!

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 11話 ぼたんと美輪子の亀裂!

    まずは、新・牡丹と薔薇 第10話のあらすじ、ネタバレ、感想です。

    ぼたんは、異常なほど美輪子の事が心配でなりません。
    しつこく多摩留とのデートの様子を聞きだします。

    美輪子の自由奔放に振舞う交際に、激しく拒否反応を見せるぼたん。
    ぼたんが心配していたとおり、美輪子は、多摩留と一線を越えてしまいます。

    ぼたんは、これ異常ないくらい激高し、ふしだらだと罵りました。
    しかし、美輪子は、ぼたんは自分に嫉妬しているのだと言って、自分を正当化しようとします。
    美輪子は、多摩留との付き合いに関して幸せを感じているので、ぼたんに何を言われようとお構い無しです。

    その一方で、美輪子の事でショックが大きすぎたのか、自分のことが手につかないぼたん。
    綱輝のことなど、考えていられません。

    そのことで世奈子が責めると、ぼたんの様子が…。
    美輪子の秘密を、ぼたん一人で抱え込むことが出来なくなってしまいます。
    一杯一杯になってしまい、つい世奈子に話してしまいます。
    世奈子は眞澄を呼び出し、事の真相を知ることになりました。

    来週は、この続きからはじまりますね。
    自分を裏切ったぼたんを美輪子は、どうするのか?
    そして、ぼたんは燃える家の中に居るのはなぜ?
    多摩留の姉は、アメリカから帰ってくる?
    ぼたんに似ていたような…?
    続きが気になります。

    「新・牡丹と薔薇」第11話 12月14日(月) あらすじに続きます。

    スポンサード リンク

    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇
    第11話 フジテレビ・東海テレビ
    2015年12月14日(月) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    新・牡丹と薔薇 第11話 「姉は母のまわし者」あらすじ ネタバレ

     眞澄(伊藤かずえ)は世奈子(田中美奈子)から、美輪子(逢沢りな)が恋人をつくり、遊びほうけていると知らされる。さらに高校生の分際で、彼とすでに親密な仲だとまで告げられ顔面蒼白に。世奈子は優越感に浸った表情で、すべてぼたん(黛英里佳)が教えてくれた、とも。眞澄は打ちのめされながら、慌てて家に戻るのだった。  「なぜ私に話してくれなかったの!」。ぼたんを責め、真相を確かめる眞澄の脳裏にあったのは、美輪子と変わらぬ年頃で妊娠し、出産までした自身の過去のことだった。娘に自分と同じ轍を踏ませるわけにはいかない。眞澄は帰宅した美輪子を般若のような表情で詰問し、妊娠していないか確かめるため嫌がる娘を産婦人科にまで連れて行く。  ことの成り行きをぼう然と見つめるぼたんに眞澄は、これからは厳しく美輪子を監視するよう命じる。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「新・牡丹と薔薇」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5211-29c27c20