新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 13話 ストーカーの恐怖 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 新・牡丹と薔薇 » 新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 13話 ストーカーの恐怖

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 13話 ストーカーの恐怖

    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇 第13話「愛が憎悪に変わるとき」12月16日(水) あらすじです。

    まずは、第12話あらすじ、ネタバレ、感想からです。

    周囲に反対されればされるほど、美輪子は多摩留への愛が燃え上がります。
    ぼたんの制止を振り切り、多摩留に会いに行く美輪子。

    美輪子は多摩留に会えるだけで幸せに感じます。
    しかし、多摩留の方は、それだけではなくなっていました。
    嫌がる美輪子を押し倒し、墓守の管理人室で…。


    その後、多摩留の実家に行くも、美輪子はすっかり以前のような気持ちになれません。
    出された大盛りの天ぷら、お店の雰囲気、多摩留の弟にも、嫌悪感を覚えてしまいました。

    そんな美輪子の気持ちに全く気が付かない多摩留。
    自分たちは、ロミオとジュリエットだと言い、有頂天です。

    こんな場所から早く逃げ出したい美輪子は、店を飛び出します。

    ぼたんは、眞澄に美輪子のことを告げ口することなく、家で美輪子の帰りを待っていました。
    そこへ、眞澄と崑一が帰ってきます。
    もう間に合わないと思ったぼたんでしたが、美輪子は裏口から家に入り、一安心するぼたんでした。

    明日は、急に冷たくされた多摩留が、ストーカーに?

    「新・牡丹と薔薇」第13話 12月16日(水) あらすじに続きます。


    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇
    第13話 フジテレビ・東海テレビ
    2015年12月16日(水) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    新・牡丹と薔薇 第13話 「愛が憎悪に変わるとき」あらすじ ネタバレ

    美輪子(逢沢りな)は、やっとのことで多摩留(戸塚純貴)に会うが、多摩留に無理やり抱かれ、一気に心が冷める。「もう多摩留には会わない」。そう美輪子に告げられ、ぼたん(黛英里佳)も肩の荷が下りる思いだった。
    多摩留は、いくら美輪子の携帯に電話をかけても着信拒否をされ、激しく傷つく。そして、美輪子の家に行っても会うことも叶わず、両親から美輪子がきっと心変わりしたのだろうと言われても受け入れられない多摩留は、いつしか怒りを募らせストーカーのように美輪子を追い求めるようになっていく。
    ついに、多摩留から美輪子宛に脅迫状とナイフが届く事態に。眞澄(伊藤かずえ)や崑一(岡田浩暉)は警察に助けを求めざる得なくなる。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「新・牡丹と薔薇」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5218-78e636a4