新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 17話 ぼたんの母・世奈子の憎悪 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 新・牡丹と薔薇 » 新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 17話 ぼたんの母・世奈子の憎悪

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 17話 ぼたんの母・世奈子の憎悪

    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇 第17話「マダム・ヨナの逆襲」 12月22日(火)放送 あらすじです。

    まずは、第16話のあらすじ、ネタバレ、感想です。

    ぼたんと多摩留が亡くなってから二年後。

    美輪子や眞澄たちは、ようやく落ちつきをとりもどしつつありました。
    家は全焼してしまった為、跡地は更地になっています。

    美輪子と眞澄は、祖母・萌子のマンションに借り暮らしをしていました。
    崑一は、一人ホテル暮らしです。

    一方、加害者家族の吉田家は、犯罪者家族ということもあり、世間からは冷たい対応です。

    父・峰靖は気力を失い、働かなくなり、貯金は底をついてしまいました。
    店は、閑古鳥が鳴いています。
    母・伊佐子のパート代暮らしだけでは、苦しい生活です。
    娘の富貴子だけが頼りだっただけに、多摩留の葬式にも来ない富貴子に捨てられたのではないかと、愚痴をこぼす峰靖と伊佐子。

    「血は水よりも濃いと言うからね~」と、伊佐子。
    自分たちとは、血が繋がらないから…と、富貴子の帰りを半ば諦めモードになったとき、富貴子が帰ってきます。

    吉田家は、皆喜び祝福ムードに一転します。
    富貴子だけが頼りだと言って、これからの生活を富貴子に頼る伊佐子です。

    ところが、富貴子は自分の出生の歴史を知りたいと両親に尋ねます。
    伊佐子も峰靖も語りたがらず、口が重いです。
    希望の光の富貴子が、自分の出生のことを知り、居なくなってしまうと恐れたためでしょうか?

    けれど、富貴子は、ただ自分のアイデンティティーを知りたいだけだと言います。
    アメリカに住んでいると、自分のルーツを知ることは重要なことだと、とても実感したと言います。

    実は、富貴子は二年前にアメリカ人と結婚していました。
    が、今は離婚しています。

    富貴子は、札束100万をテーブルの上に叩きつけます。
    そして、峰靖と伊佐子に、自分が養子に出された産婦人科を教えて欲しいと懇願したのでした!


    明日は、富貴子が生まれた産婦人科が再び登場します。
    富貴子の名付け親になった、稲垣(西村和彦)医師も登場します。

    「新・牡丹と薔薇」第17話 12月22日(火) あらすじに続きます。

    スポンサード リンク

    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇
    第17話 フジテレビ・東海テレビ
    2015年12月22日(火) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    新・牡丹と薔薇 第17話 「マダム・ヨナの逆襲」あらすじ ネタバレ

    美輪子(逢沢りな)は眞澄(伊藤かずえ)とともに、ぼたん(黛英里佳)の墓を訪ねる。するとそこには世奈子(田中美奈子)の姿があった。世奈子は美輪子たちを見つけるや、敵意を露わに挨拶してくる。気まずさを感じる美輪子と眞澄だったが、世奈子は二人を無理やり自分の店に連れて行く。
    世奈子はぼたんが亡くなった一件を蒸し返し、美輪子たちをネチネチと責める。ついには「ぼたんがストーカー事件の当事者になっているのが許せない」と声を荒げ、眞澄たちがそう世間に噂を振りまいているのではないか、と問い詰める。この言葉に我慢ならない美輪子は母をともない、いきり立って帰って行く。どうしても世奈子が許せない眞澄は、崑一(岡田浩暉)を呼び出して...。
    一方、己のルーツが知りたい富貴子(黛英里佳・一人二役)は、自分が生まれた病院を訪ねていた。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「新・牡丹と薔薇」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5225-b0505511