あさが来た あらすじ ネタバレ 87話 あさと雁助が激論 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 87話 あさと雁助が激論

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 87話 あさと雁助が激論

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第15週 87話の内容、ネタバレになります。


    雁助は、これまで秘めていた胸の内を、うめだけに語ります。
    一方、九州の炭鉱が新たに売り出されていると知ったあさ。
    あさは、この炭鉱も手に入れたいと胸が高鳴ります。
    しかし、雁助は、あさのやり方にはもうついていけないと…。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第15週 87話 「大阪の大恩人」 あらすじ


    雁助は、神妙な顔つきで、うめに大事な話を語りだしました。

    これまで正吉がいたからこそ、加野屋の為に尽くしてきたと。

    しかし、正吉亡き後、雁助は、自らの進退を考えていたと言います。

    「今まで誰にも言えなかったけれど、加野屋を辞めさして貰うことになる。あさのやり方には、もう、限界」と、胸の内を語りました。

    うめは驚き、何も返す言葉が見つかりません。



    ある日、九州で新たな炭鉱が売りに出されているという話が、舞い込んできます。

    突然の朗報に、心を躍らせるあさ。

    あさは、即座に買収を考えます。

    儲けを出したら、念願の銀行業に進出できるかもしれないと。

    こんな朗報を逃してはならない、なんとしてもこの炭鉱を手に入れようと力が入ります。



    ところが、雁助は買収に猛反対です。

    あさと雁助は、激しくぶつかり口論になってしまいました。

    二人は、加野屋のためを思って考えているのですが、結局、一方通行の話し合いのまま終わってしまいます。

    雁助は、好きにしてくださいと投げ出してしまいました。

    よって、あさが炭鉱の買い付けに九州へ向かうことになりました。


    そんななか、はつから久しぶりに手紙が届きます。

    手紙には「和歌山で家族みんな元気に暮らしています」と、書かれていました。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年1月13日(水) 放送予定
     「大阪の大恩人」 第15週 (1月11日~1月16日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5239-4af5c7f5