あさが来た あらすじ ネタバレ 96話 五代友厚の遺言 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 96話 五代友厚の遺言

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 96話 五代友厚の遺言

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第16週 96話の内容、ネタバレになります。


    五代友厚の死は、まるで国葬のようです。
    美和からあさの知らない五代友厚を知らされ、遺言を受け取ります。
    一方、加野屋に妙な客がやって来ました。
    その男は、どうやら加野屋で働きたいようで…。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第16週 96話 「道を照らす人」 あらすじ


    五代友厚が亡くなりました。

    友厚の死は、あさや新次郎だけではなく、大阪中が喪に服しているかのようです。

    あさは友厚の早すぎる死にショックを受けます。


    あさは、美和のもとへ向かいます。

    美和は、あさが知らなかった友厚の意外な一面や友厚から遺言を預かっていたことを打ち明けます。


    「恐れることのない、日本のファーストペンギンなれ!」

    友厚は、自分亡き後、意志を受け継いで欲しいと残していました。


    「大阪のため、日本のために努めていかなければ…。」

    自問自答を始めるあさ。

    日本のために何が出来るのかを、改めて考え始めました。



    ある日、加野屋に毎週月曜日に来る妙な男がいると、噂になっていました。

    その男は、「へぇ」としか言わない変わった客です。

    何を訊ねても「へぇ」しか言わないのです。


    雁助は直感的に、その男は、加野家で働きたいのではないかと考えます。

    新次郎やあさに相談し、二人は、その男に会ってみる事にします。

    山崎平十郎の面接をすることになりました。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年1月23日(土) 放送予定
     「道を照らす人」 第16週 (1月18日~1月23日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5254-dd9c19ad