新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 33話 世奈子の復讐 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 新・牡丹と薔薇 » 新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 33話 世奈子の復讐

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    新・牡丹と薔薇 あらすじ ネタバレ 33話 世奈子の復讐

    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇 第33話「天地がひっくり返る?」 1月19日(火)放送 あらすじです。

    まずは、32話のあらすじ、ネタバレ、感想です。

    今日の「新・牡丹と薔薇」は、美輪子が富貴子から真実を知らされる話でした。
    富貴子から「私は、多摩留の姉、吉田富貴子よ!」と知らされます。
    美輪子は動揺し、信じられません。

    パソコン内に残っている画像やメールを見せる富貴子。
    放心状態の美輪子に、多摩留の母は、無理やり天ぷらを食べさせます。
    杉彦は、美輪子の髪の毛を触り、撫で撫でする始末。

    正直、気持ちが悪かったです。

    ショックのあまり、その場で気絶してしまった美輪子。

    吉田家族で寝ている美輪子を囲みます。
    「ちょっとお灸が過ぎたんじゃないか…」と、吉田の父は心配するものの、母は、多摩留の仕返しで、言い気分だったみたいです。

    富貴子は、ぼたんとの混同から、いい加減目を覚まして欲しくて、美輪子には辛い現実を見せました。


    富貴子は、小日向家にやって来た経緯を詳しく説明します。
    過去のいろいろなシーンが回想で流れます。

    美輪子は、しっかっりと理解し、冷静に受け止めました。
    小日向ぼたんではなく、吉田富貴子として姉だと受け入れたのです。

    そして、美輪子は、多摩留の位牌に手を合わせます。

    すっきりした顔で帰ってきた美輪子。

    富貴子と美輪子は、小日向家の両親に知らせることなく、二人だけの秘密にします。
    秘密を共有することによって、より一層絆が強くなる二人でした。



    明日は、ぼたんの母・世奈子が天ぷら屋を嗅ぎ付け、問題勃発するようです。
    一旦、平和がおとずれるのかな~と思いきや、これで終わる訳ないですよね。
    殺されたぼたんの母・世奈子が、黙ってはいられないのは当たり前です。
    明日の展開が気になります。

    「新・牡丹と薔薇」第33話 1月19日(火) あらすじに続きます。

    スポンサード リンク

    昼ドラマ 新・牡丹と薔薇
    第33話 フジテレビ・東海テレビ
    2016年1月19日(火) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    新・牡丹と薔薇 第33話 「天地がひっくり返る?」あらすじ ネタバレ

    富貴子(黛英里佳)の実家のことを知り、姉妹の間で、これ以上ない秘密を共有したことで、美輪子(逢沢りな)は朗らかな笑顔と元気を取り戻す。美輪子は富貴子を取られたくない一心で、清塚(中山卓也)と付き合っていたが、その必要もなくなり、綱輝(片岡信和)に清塚と別れられるよう協力してほしいと頼む。綱輝は清塚を世奈子(田中美奈子)の店に呼び出し、美輪子の気持ちを伝える。最初は怒った様子の清塚だが、美輪子のストーカー事件のトラウマから、美輪子が直接男性に別れを告げられないと言われしぶしぶ引き下がる。
    綱輝たちの話を聞いていた世奈子は、清塚がふいに語った、富貴子の以前の暮らしぶりに引っかかるものを感じる。富貴子は、今は亡き養父母と鎌倉で暮らしていたと話していたが、清塚は富貴子が蒲田近くの商店街にある天ぷら屋の娘だと言って...。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「新・牡丹と薔薇」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5260-4931cff2