あさが来た あらすじ ネタバレ 103話 喧嘩ばかりのあさと千代 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 103話 喧嘩ばかりのあさと千代

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 103話 喧嘩ばかりのあさと千代

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第18週 103話の内容、ネタバレになります。

    加野銀行は、大阪で名の知れた大きな企業に成長しています。
    銀行も紡績会社も順調に業績を伸ばしています。
    一方、美しく成長した千代。
    あさとは話が合わず、いつも喧嘩ばかりです。
    その二人の様子に新次郎は心を痛めます。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第18週 103話 「ようこそ!銀行へ」 あらすじ


    加野銀行が開業してから早3年。

    加野銀行は順調に成長し、大阪の大きな企業に成長していました。

    あさは、やり手の女性実業家として、新聞に取り上げられ、すっかり有名人です。

    そして、忙しい日々を過ごしていました。


    一方、新次郎が紡績会社の社長として勤める会社も、着実に業績を上げ右肩上がりです。


    益々忙しくするあさの事がおもしろくない千代は、事あるごとにあさと喧嘩ばかり。

    日に日に、あさとの溝が深まっていきました。

    新次郎は、二人の様子を見ては心配に思い、頭を悩ませています。

    あさは自分と同じ様に、千代にも商売に興味を持って欲しいと考えます。


    あさは加野銀行の従業員と勉強会を開きます。

    千代を従業員と一緒に勉強させようとしますが、それがかえってあさに対して反発心が増すのでした。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年2月1日(月) 放送予定
     「ようこそ!銀行へ」 第18週 (2月1日~2月6日)  公式サイト


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5265-23517b7f