使命と魂のリミット 第1回 あらすじ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » スペシャルドラマ » 使命と魂のリミット 第1回 あらすじ

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    使命と魂のリミット 第1回 あらすじ

    土曜ドラマスペシャル 使命と魂のリミット 第1回 公式サイト

    【放送】2011年11月5日(土)   
    総合 午後9時~10時13分 <前後編>


    使命と魂のリミット 第1回 あらすじ
    母・百合恵(高島礼子)が再婚を希望する相手が、自分の父が手術中に亡くなった際の執刀医であることに悩む女性研修医・氷室夕紀(石原さとみ)。
    その医師・西園教授(舘ひろし)が勤務する病院の心臓血管外科医で研修をすることになった夕紀は、手術助手やICUでの患者のケアに追われながら、亡き父が使命という言葉をよく口にしたことを思い出す。

    看護師・望(倉科カナ)の協力で病棟に入り込み、医療機器をひそかに調べるひとりの男がいた。ある目的を胸に秘めたエンジニアの直井(速水もこみち)。

    「医療ミスを公表しなければ、病院を破壊する」。ある日、そう書かれた脅迫状を発見する夕紀。父が手術で死んだことと、脅迫状の文面にある「医療ミス」には関係があるのか?

    「使命と魂のリミット」第1回のあらすじ詳細

    スポンサード リンク

    女性研修医・氷室夕紀(石原さとみ)は、11年前、父親が心臓手術を受けながらその最中に命を落とすという過去をもっていた。夕紀は父の死に納得がゆかず、今、母・百合恵(高島礼子)がその執刀医・西園(舘ひろし)との再婚を希望していることに悩んでもいた。西園が勤務する病院の心臓血管外科で働く夕紀は、多忙な業務に追われながら、亡き父が「人は誰でも使命をもっている」と言った日のことを思い出す。

    看護師・望(倉科カナ)の協力で病棟に入り込み、医療機器をひそかに調べるひとりの男がいた。ある目的を胸に秘めたエンジニアの直井(速水もこみち)である。

    「医療ミスを公表しなければ、病院を破壊する」。ある日、そう書かれた脅迫状を発見する夕紀。父が手術で死んだことと、脅迫状の文面にある「医療ミス」には関係があるのか?

    犯人の仕掛けた発炎筒騒ぎで病院はパニック状態となり、患者たちは次々に転院していくが、患者のひとり、クラマ自動車社長・島原総一郎(中尾彬)は名医と名高い西園による心臓手術を受けることを強く希望し、病院から一歩も動こうとしない。夕紀は西園から島原の手術への参加を命じられる。

    そして夕紀は、かつて自分の父が、西園の息子をパトカーで追跡した際に彼を事故で死なせたという過去があったことを知ってしまう。西園と父のあいだには怨恨があったのだろうか? 夕紀はショックに打ちひしがれるのだった。



    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/527-4b9f3874