あさが来た あらすじ ネタバレ 109話 あさと新次郎、和歌山へ - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 109話 あさと新次郎、和歌山へ

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    あさが来た あらすじ ネタバレ 109話 あさと新次郎、和歌山へ

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第19週 109話の内容、ネタバレになります。

    あさと新次郎は、はつの住む和歌山へ旅行することになります。
    結婚して以来、二人っきりで旅をするのは初めてな二人は、見るもの出会うものすべてが新鮮です。
    一方、はつたち、眉山一家の和歌山での暮らしぶりを拝見して…。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    あさが来た 第19週 109話 「みかんの季節」 あらすじ


    ある日、いつも忙しくしているあさを気遣い、新次郎が声をかけました。

    「たまには二人で旅行にでも行かないか」と。

    あさは新次郎の提案を受け、どこに行こうかと話し合い、新次郎は一度和歌山に行きたかったと言います。

    和歌山と聞いた途端、嬉しいと喜ぶあさ。

    はつが以前訪ねてきてくれた時はゆっくり話もできなかったからと、はつとの再会に胸が躍ります。

    あさの喜ぶ姿を見て、新次郎は微笑みます。


    あさと新次郎は、はつの居る和歌山へと旅立ちます。

    思えば、二人っきりで旅行するのは初めてです。

    いろいろなものを見ながら向かう道中は、二人にとって新鮮で楽しいものです。

    スポンサード リンク

    眉山家との再会を果たし喜び合います。

    二人の来訪を楽しみにしていてくれたようで、はつは笑顔で迎え入れてくれます。


    和歌山では、みかん農業をする傍ら、菊とはつは近所の人々にお琴の先生として慕われていました。

    お琴の先生として教えられるのは、新次郎のおかげだと言って、はつは改めて感謝の気持ちを伝えます。


    その頃、惣兵衛は和歌山で収穫したみかんを、東京でも売る事は出来ないかと、販路拡大を考えていました。

    惣兵衛は、ただみかんを作るだけではおさまらず、商売に発展できないかと考えていたのです。


    和歌山の土地に根付き、人々から信頼を得て暮らす眉山家を見て、心から安心した新次郎とあさ。


    一方、あさは、はつと藍之助の関係を心配していました。

    はつと藍之助の様子は、相変わらずお互いの気持ちがすれ違ったままのように見受けられます。

    あさは、今でも親子の対立が続いているのだと察します。

    二人の関係をなんとか修復出来ないものかと頭を悩まし…。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年2月8日(月) 放送予定
     「みかんの季節」 第19週 (2月8日~2月13日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5281-c0aa1060