あさが来た あらすじ ネタバレ 116話 成澤泉との再会 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 116話 成澤泉との再会

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 116話 成澤泉との再会

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第20週 116話の内容、ネタバレになります。

    ずっと探していた成澤泉にやっと会えることになったあさ。
    新次郎のおかげです。
    あさは次なる目標ができ、女子大学校設立に向けて走り出そうとします。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第20週 116話 「今、話したい事」 あらすじ


    あさは、ずっと成澤を探していていましたが、いまだ会えずにいました。

    そんななか、あさは九州へと行っている時、なんと新次郎は、美和の店で成澤泉と偶然出会います。

    新次郎は、成澤に声をかけます。

    あさが、ずっとあなたを探していた。成澤に謝罪をしたいと言っていたことを伝えます。

    そして、あさの代わりに新次郎は謝罪をしました。

    新次郎は、あさがとても感動していたこと、成澤に会いたがっていた事を告げ、もう一度加野屋に来てくれないかとお願いします。


    あさが九州から戻って来ました。

    新次郎は、あさに成澤の事を報告します。

    あさは成澤に前回のお詫びをし、同時に、女子大学校設立に支援したいと申し出ます。

    ところが、成澤の話では、賛同者はあさを入れてわずか5人であること。

    さらに、資金は殆ど集まっていないことを打ち明けられました。


    あさの試算では、女子大学校設立を現実化するためには、最低でも30万円(約10億相当)の資金が必要だと判明します。

    二人はその金額に愕然とします。


    あさは、加野銀行で何とかならないかと、平十郎に尋ねますが…。

    けれど、あさの頼みでも、あてのない事業に大金を貸す事はできないと反対されてしまいます。

    あさと成澤は、諦めずに、自力たちで資金を集めることを模索し始めました。

    成澤は、借金はせず賛同者を集め寄付を募り、それを資金に学校を設立して行きたいと言います。


    あさは成澤にある提案をしました。

    「成澤さん、とりあえず明日からはこれを着てくれませんか?」

    成澤に、高価な帽子、洋服、靴を買い与えます。

    遠慮する成澤ですが、いくら良い事を言っても、今のままじゃ信用されないからと。


    数日後。

    高価な衣装を身につけた成澤は、まるで洗練された紳士のような様子で銀行に現れました。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年2月16日(火) 放送予定
     「今、話したい事」 第20週 (2月15日~2月20日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5292-5829d4c0