あさが来た あらすじ ネタバレ 118話 大隈重信の協力 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 118話 大隈重信の協力

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 118話 大隈重信の協力

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第20週 118話の内容、ネタバレになります。

    あさは、東京にいる大隈重信に会いに行きました。
    そこには、あさ同様大勢の男たちが居ます。
    あさは怯まず熱弁をふるい、大隈の心を動かすことが…。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第20週 118話 「今、話したい事」 あらすじ


    あさは、女子大学校設立の為に本格的な活動をスタートしたのですが、商人や大物代議士、財閥などあたりますが、なかなか理解を得られずにいました。

    資金繰りは難航し、困難を極めます。

    ある日、あさは、政治家・大隈重信に会ってみようと思いました。

    彼のような大物から賛同が得られれば、あとに続く者が必ず現れると考えたからです。


    早速、あさは手紙を書きます。

    あさは、大隈重信の東京の自宅に直接行ってみる事にしました。

    大隈の妻・綾子に案内され、あさは奥の広間に通されます。

    あさは、その光景に驚きました。

    そこには多くの男達が顔を揃えていたのです。

    その男たちもあさ同様、大隈に話を持ちかけに来た人たちだったのでした。



    一瞬怖気づきそうになったあさでしたが、覚悟を決め、大勢の男たちの前で、女子高等教育の話を熱く語り始めました。

    「ご相談が……。今後の日本が発展するためには、女子高等教育を教える場が絶対に必要です!」

    大隈たちは皆、あっけにとられます。

    が、次第に男たちはあさの話術に引き込まれていきました。

    あさは、大事なことがここに書いてあると言って、成澤泉の草稿を大隈氏に手渡します。


    当初大隈は、「女性は良妻賢母であるべき。そのためには現行の女子教育で十分」だと否定的でした。

    それが、あさの話の趣旨はもちろん、あさの度胸と弁舌、大勢の男たちの中でも怯まず、堂々とした振る舞いに大いに関心を示し、心を動かされます。

    「僕があなたを支援しましょう。女子大学校の設立に喜んで協力させていただきます!」


    あさの悲願である女子大学校の設立に全面的に協力をすることを約束してくれました。

    そんななか、あさたちが大阪に帰ると、加野銀行が何やら慌しくしています。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年2月18日(木) 放送予定
     「今、話したい事」 第20週 (2月15日~2月20日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5294-273ff140