あさが来た あらすじ ネタバレ 131話 梨江の死 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 131話 梨江の死

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 131話 梨江の死

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第22週 131話の内容、ネタバレになります。

    父・忠興は、ずっと悔やんでいた事をはつに誤ります。
    しかし、はつの答えは…。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第22週 131話 「自慢の娘」 あらすじ


    忠興は、毎年みかんを送って無事を知らせてくれていたはつに感謝し、その苦労を労います。

    そして、はつに詫びを入れます。

    山王寺屋に嫁がせたばかりに苦労をかけてしまったと。

    忠興はずっと悔やみ続けていたのでした。


    けれど、はつの答えは忠興には意外なものでした。

    「山王寺屋に嫁いだことを後悔などしていない、苦労もしたが、良い人生を歩むことが出来ました」と。


    梨江が亡くなりました。

    あさと新次郎は葬儀に参列し、一同は深い悲しみに沈みます。

    悲しみの中で、あさの胸に蘇るのは、母・梨江との思い出と気遣いの言葉の数々です。



    あさは、いまだ進路も決めずふらふらしている千代の自分自身を見つめ直すきっかけになればと、東京行きに誘います。

    すると千代は、迷う気配もなく直ぐに快諾します。

    千代には、東京へ行きたい理由がありました。

    寄付金を募ることよりも、不純な動機です。

    東京に行けば、想いを寄せている啓介に、もしかしたら会えるかもしれないと思ったからです。


    あさ、千代、成澤、宜の4人は東京へ向かいました。

    あさは千代と共に大隈家に足を運びます。

    大隈重信の妻の綾子を訪ね、難航する女子大学校の寄付金集めの相談をしました。

    綾子は華族の夫人たちへの紹介状を書いて渡してくれました。

    その紹介状を手に、寄付金を募ります。

    するとその華族の屋敷で、千代は以前あさの入院中に一目ぼれをした啓介と思いがけず再会しました。

    一方、あさは、父・忠興から、今井家が所有する土地を女子大学校に寄付したいと申し出があり…。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年3月4日(金) 放送予定
     「自慢の娘」 第22週 (2月29日~3月5日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5319-30ceefc8