嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第19話 出生の秘密 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 嵐の涙~私たちに明日はある » 嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第19話 出生の秘密

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第19話 出生の秘密

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある 第19話 2月25日(木) あらすじです。

    まずは、18話のあらすじ、ネタバレ、感想です。
    すみれは、小学校の児童会長になりました。
    児童会主催のイベントの打ち合わせが枝川家で行われ、その結果、今年度は常滑焼のイベントに決定します。

    「宮崎工房」にお願いしたいと、すみれやまきと共に、かえでや加代も一緒に訪ねて来ました。
    宮崎は、快く引き受けてくれます。
    そして、何をどうするのか話し合うと、春子の提案で学校を作ることに。

    常滑焼の教室を開く事になり、枝川会館で開催されることとなりました。

    春子は、すみれからの要請で、イベントの責任者に就任します。
    生まれて初めて同年代の子ども達と一緒になって活動できることで、春子は体一杯嬉しさを表しました。

    そんななか、まきとすみれを崇高する葉山家の加代とかえでは、里子と春子の事が面白くないようです。
    まきとすみれと親しくしている(自分達よりも距離が近い間柄)事が許せないようで、里子と春子を遠くから睨みつけていました。


    枝川家で夕ご飯を一緒にとることになった里子と春子。
    里子は、まきから剛太郎から送られてきたという絵葉書を見せられます。

    すると、そこにはまきとすみれの似顔絵が描かれています。
    里子は、その絵を見た瞬間「ハッ!」と息が止まり、こみ上げてくるものを感じます。

    まきがどうしたのか訊ねると、「亡くなった夫・雄介が描く絵のタッチと似ているから…」と動揺する里子。
    そして、剛太郎はこれまで絵を描いた事なんて一度も無かったと不思議がるまきでした。



    明日は、夕ご飯を共に囲み、楽しいひとときを過ごしていた里子たちでしたが、ある事で大人たちを困らせる事になります。
    春子もすみれも、自分の出生の話を聞きたいと。
    大人たちは、皆ハラハラすることでしょうね。
    「嵐の涙~私たちに明日はある」第19話 2月25日(木) あらすじに続きます。
    スポンサード リンク

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある
    19話 フジテレビ・東海テレビ
    2016年2月25日(木) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    嵐の涙~私たちに明日はある 第19話 あらすじ ネタバレ

    里子(佐藤江梨子)は、まき(遠藤久美子)から彼女の夫・剛太郎(宅間孝行)が描いたという絵ハガキを渡されてハッとする。その絵のタッチが亡き夫・雄介(宅間孝行)のものととても似ていたのだ。
     まきは里子に、夫・剛太郎が10年前の事故でそれまでの記憶を失ってしまったことを告白。その剛太郎こそ雄介だとは気付くはずもない里子。互いに支え合うまきと剛太郎を、かけがえのない夫婦だと好ましく感じるのだった。
     そのまま枝川家で夕食をともにすることになった里子。天真爛漫な春子(ほの花)の振る舞いで楽しげな食卓となるが、すみれ(舞優)が、学校の作文のテーマが"私が生まれた時のお母様の気持ち"になったと言い、春子も里子から自分を産んだ時のことを聞かせて欲しいと言いだす。それぞれに出生の秘密を抱える里子とまき、そしてすべてを知る大造(竜雷太)の表情が曇り...。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「嵐の涙~私たちに明日はある」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5323-f479ed5f