嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第20話 ついに再会! - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 嵐の涙~私たちに明日はある » 嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第20話 ついに再会!

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020
    朝ドラ「エール」62話(6/23) 第13週「佐藤久志音楽の道へ」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始予定です。

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」

    スポンサード リンク

    嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第20話 ついに再会!

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある 第20話 2月26日(金) あらすじです。

    まずは、19話のあらすじ、ネタバレ、感想です。
    里子と春子は、枝川家で夕食をご馳走になりました。
    春子の笑い声が響き、皆、楽しい時を過ごします。

    そんななか、すみれの学校の宿題で、生まれてきたときの話の作文提出がありました。
    そこで、春子とすみれは、それぞれの母親に尋ねます。

    里子は笑顔で答えるも、それは、亡くなったと思っている赤ちゃん・春子の出産話から一緒に過ごした日までです。
    そして、まきは、言葉に詰まらせます。
    剛太郎との出会いから結婚までの話をしますが、すみれがお腹の中にいた時の話は作り話です。

    春子もすみれも、自分の親たちの出会いと誕生の話を聞き、疑いもしません。
    里子とまきは、子どもに嘘をついていることで、苦しんでいます。

    まきは、大造に相談します。
    すみれに嘘をつき続けているのが苦しいと。
    けれど、大造は、何百年と続く枝川家の歴史と、これからの一族繁栄のためには、嘘を突き通していくようにと説き伏せます。
    すみれに本当の事を打ち明けると、すみれの代で枝川の血を絶やしてる事になるので、すみれが傷つくと言います。
    まき、すみれ、剛太郎が、ずっと幸せな生活して行く為に必要だと。



    明日は、ようやく里子と剛太郎(雄介)が接近します。
    剛太郎は、里子を見て記憶を取り戻すことが出来るのでしょうか?
    それとも、医師から記憶の回復はありえないといわれていたとおり、無理なのでしょうか?
    「嵐の涙~私たちに明日はある」第20話 2月26日(金) あらすじに続きます。
    スポンサード リンク

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある
    20話 フジテレビ・東海テレビ
    2016年2月26日(金) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    嵐の涙~私たちに明日はある 第20話 あらすじ ネタバレ

    「もし万が一、雄介さんと本当の春子ちゃんが生きていて、偶然出会ったらどうする?」順子(宮地真緒)から不意にそう問われる里子(佐藤江梨子)。その場合、お互いに10年間積み上げてきた生活があるはずで、里子は他人のふりをしてしまうのではと考えるのだった。
     娘・まき(遠藤久美子)が茶道枝川流の新たな家元となり、その次が孫のすみれ(舞優)に内定したことで、大造(竜雷太)は一日も早く枝川流のことをまきに任せようとしていた。10年前、記憶喪失の雄介(宅間孝行)をまきの夫・剛太郎になりすませたことでつかんだ枝川家の安泰。寂しさを覚える大造は、支えてくれる秘書の照(いしのようこ)に対して、残された人生を、自分のしてきたことを見つめる時間とし、寂しさと向き合いたいと本音を漏らす。
     一方、常滑焼の「宮崎工房」では、児童会のイベント"陶芸学校"の責任者となった春子(ほの花)が中心となり、その準備が進められていた。そんな中、工房に剛太郎(宅間孝行)から電話が入る。実は雄介本人だと思いもしない里子は、電話口から聞こえるその懐かしい声色に、ふと雄介を思い出してしまい...。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「嵐の涙~私たちに明日はある」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5324-c7be6a68