あさが来た あらすじ ネタバレ 133話 雁助が意識不明に - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 133話 雁助が意識不明に

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 133話 雁助が意識不明に

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第23週 133話の内容、ネタバレになります。

    雁助から神戸の地で、家族と幸せに暮らしていると知らせを受けていた新次郎やあさたち。
    しかし、思いがけない知らせが届きます。
    皆、雁助を心配し、急いで神戸の病院へ駆けつけますが…。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第23週 133話 「大番頭の手のひら」 あらすじ


    加野屋で大番頭をしていた雁助の悪い知らせが届きます。

    以前届いた雁助からの手紙には、神戸で小さな工場を経営していること、別れた妻と娘夫婦と一緒であること、無事に暮らしていることが書かれていました。


    その雁助が工場で、事故にあってしまいました。

    仕事中に頭をぶつけ意識不明だと言うのです。



    新次郎と榮三郎、うめが雁助の病室に見舞いに駆けつけます。

    すると、雁助の妻・ツネから相談事を頼まれました。

    工場の資金繰りに困っているので、お金を貸してもらえないかと。



    あさは、雁助の見舞いに行くことを望みましたが、女子大学校の創立に向けた活動が難航していました。

    大阪での寄付に苦戦しており、仕方なく残ることになったのですが…。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年3月7日(月) 放送予定
     「大番頭の手のひら」 第23週 (3月7日~3月12日)  公式サイト


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5325-38a607a3