あさが来た あらすじ ネタバレ 140話 千代の見合いは囲碁勝負 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 140話 千代の見合いは囲碁勝負

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 140話 千代の見合いは囲碁勝負

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第24週 140話の内容、ネタバレになります。

    綾子の提案した勝負とは、なんと『囲碁』での勝負でした。
    あさは、快く受けてたちます。
    千代の縁談話の行方は…。
    一方、眉山家では、ある問題を抱えていて…。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第24週 140話 「おばあちゃんの大仕事」 あらすじ


    あさと新次郎は、千代と東柳啓介の縁談を取り持ってもらう為、大隈綾子に相談しようとしたら、綾子から「勝負」を持ちかけられました。

    勝負とは、『囲碁』のことです。

    意表を突かれたあさですが、もちろん、綾子からの勝負を受けてたちます。

    あさは、かろうじて勝利することが出来ました。


    あさは改めて、千代と啓介の縁談についてお願いします。

    綾子は、両家の縁談の仲介役を、快く引き受けてくれると約束してくれました。

    さらには、千代と啓介のお見合いは、年末に行いましょうと言ってくれます。

    あさと新次郎もは、綾子に感謝を述べ、大隈邸を後にしました。



    一方、和歌山の眉山家では、惣兵衛は頭を抱えていました。

    惣兵衛は、みかん畑の山の一つを売りに出すことを考えていたのです。

    実は、人手が足りないところに、一番大変な害虫駆除の手間が重なってしまい、家族だけではみかん畑の世話に手が回らなくなっていまいした。


    その頃、東京では、女子大学校設立・発起人大会のセレモニーの準備も着々と進んでいました。

    いよいよその日を迎えます!

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年3月15日(火) 放送予定
     「おばあちゃんの大仕事」 第24週 (3月14日~3月19日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5338-75ed4423