嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第30話 やっと会えた - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 嵐の涙~私たちに明日はある » 嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第30話 やっと会えた

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第30話 やっと会えた

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある 第30話 3月11日(金) あらすじです。

    まずは、29話のあらすじ、ネタバレ、感想です。
    枝川家では剛太郎の理事長就任が決まり、報告会までの間忙しくしています。
    運営をまきと剛太郎に一任することで、大造は一身を退き、山頭火のような放浪の旅へ行きたいと皆に伝えます。
    大造を慕う照は、一緒について行く予定です。

    そんななか、九兵衛が枝川家を訪ねて来ました。
    あいにく大造やまきが留守にしていた為、里子が対応します。

    同じ頃、暇になり本を探していた春子。
    家の中を物色します。
    春子は、九兵衛がまきへプレゼントをした茶碗を発見します。
    そこへ、里子が九兵衛を案内し、リビングへやってきました。

    九兵衛は、その茶碗の感想を春子に問いました。
    春子は、何の魅力も感じられない、面白くないと答えます。

    そこへ、大造、まき、剛太郎が帰ってきます。
    大造は、茶碗を春子から受取り、その場で叩き割ってしまいました。

    皆驚くなか、剛太郎は割れた音に驚き、頭が痛くなります。

    春子は、自分が害することを言ったから怒って割ってしまったのか?
    と思いましたが、九兵衛は、春子に感謝していました。
    こんな駄作をプレゼントして申し訳ないと、改めてまきにプレゼントすると約束してくれます。


    剛太郎が理事長就任の日がやって来ました。
    照から電話が入り、枝川会館へ忘れ物を届けるよう里子はお願いされます。

    報告会の最中、剛太郎は頭が痛くなり、過去の記憶が蘇ってきます。
    「里子…」
    「石原雄介…」

    剛太郎は、里子を見つめます。 
    「どこへ行っていたんだよ、里子」

    医師から戻る事はないと言われていた記憶が蘇ったのでした。



    明日は、記憶が蘇った雄介が、かつて住んでいた家を訪ねるようです。
    そこで、10年ぶりに父親に再会します!
    記憶が戻った雄介は、里子とはどうなるのでしょうか?
    「嵐の涙~私たちに明日はある」第30話 3月11日(金) あらすじに続きます。

    スポンサード リンク

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある
    30話 フジテレビ・東海テレビ
    2016年3月11日(金) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    嵐の涙~私たちに明日はある 第30話 あらすじ ネタバレ

    剛太郎(宅間孝行)はかすかな記憶をたどり、父の壮一(柄本明)ら家族で暮らしていた家を訪ねるが、そこは売りに出されていた。自らの過去につながる手がかりを失って呆然と佇む剛太郎の背後から「雄介じゃないのか?」という声がする。振り返ると、そこにいたのは雄介の父・壮一だった。
     10年ぶりの親子の再会...。このまま剛太郎として生きるのか、あるいは里子と歩むはずだった雄介(宅間孝行)としての人生を取り戻すのか、どう生きていけばいいのかを父に尋ねる剛太郎。そんな息子へ壮一は自分の人生を信じて生きていくためのアドバイスを送る。
     名古屋の枝川家に戻った剛太郎は一人、父の言葉を思い返す。今が幸せならば、記憶を取り戻す前のこれまで通りの生活を続けるのが一番いい。しかし今、里子(佐藤江梨子)は幸せなのだろうか...。剛太郎は深夜、話があると里子を呼び出して...。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「嵐の涙~私たちに明日はある」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5344-edace27e