あさが来た あらすじ ネタバレ 144話 日の出女子大学校開校 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 144話 日の出女子大学校開校

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 144話 日の出女子大学校開校

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第24週 144話の内容、ネタバレになります。

    啓介の将来の夢などもあり、一時は破談となった縁談でしたが、無事、千代と啓介の婚約が決まります。
    一方、あさや成澤の悲願だった、女子大学校が開校することに!


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    あさが来た 第24週 144話 「おばあちゃんの大仕事」 あらすじ


    白岡家に啓介が訪ねて来ました。

    「政府で働きたい!」と言っていた啓介ですが…

    新次郎から聞いた五代友厚の話に感銘を受け、政府で働かなくても、民間の企業を通して国を発展させることに賭すると、考えを改めたようです。


    千代と啓介は、婚約することになりました。

    そして、啓介が大学院を卒業後、千代と結婚する事が決まります。

    卒業するまでの間、加野銀行に訪れ、銀行業務について学び始めた啓介。

    卒業後、加野銀行で働くためです。


    女子大学校設立が決まりました。


    「日の出女子大学校」の学生の募集を開始します。

    「日の出女子大学校」は、3学部で100人の入学者を募集しました。

    その頃、信じられない事に、いつのまにか世間では、女子のための高等教育機関が開校し始めていました。


    宜は、「日の出女子大学校」の1期生として入学することが決まります。

    しかし、宜の女子大学校入学を、宜の母・フナは猛反対しました。

    あさは、宜の大学校入学を許して欲しいと、フナに理解を求めます。

    フナはあさの説得に応じ、宜の入学を許してくれました。

    ついに「日の出女子大学校」開校の日を迎えます!

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年3月19日(土) 放送予定
     「おばあちゃんの大仕事」 第24週 (3月14日~3月19日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5346-bdc32d14