あさが来た あらすじ ネタバレ 155話 優しい雨 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » あさが来た » あさが来た あらすじ ネタバレ 155話 優しい雨

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    あさが来た あらすじ ネタバレ 155話 優しい雨

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」第26週 155話の内容、ネタバレになります。

    あさは、日の出女子大学校初めての卒業生が出た事の報告を受けます。
    さらに、宜を留学させ、日の出女子大学校の教授にさせたいということを。
    そして、とうとう最愛の人との別れがあります。


    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    あさが来た 第26週 155話 「柔らかい心」 あらすじ


    千代のおなかが少し目立ち始めた頃、大隈綾子と成澤が白岡家を訪ねて来ました。

    成澤は、あさに幾つかの報告があると言います。

    一つは、創立以来、日の出女子大学校初の卒業生が出たという報告です。

    もう一つは、田村宜をいずれは日の出女子大学校の教授として育てたい!

    その為に、宜に海外への留学もさせ、帰国後は女子大学校の教授にするつもりだという報告でした。

    成澤は宜を高く評価していたのです。


    綾子は、あさの引退を惜しみました。

    あさは、綾子に言います。

    今まで仕事一辺倒だったから、新次郎と過ごす時間にやすらぎを覚えると。

    綾子は、あさの功績を称えます。

    愛敬の念を告げ、東京へと帰って行きました。



    あさは新次郎に、今日一日の出来事を語りました。

    綾子と成澤の報告を聞かされた新次郎は、優しく笑いながらあさを誉めます。

    「それでこそ、わての奥さんだす」と。


    数日後、大阪は優しい雨に包まれていました。

    その雨は、あさの頬を静に濡らします。

    ◇平成27年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 『あさが来た』 
     2016年4月1日(金) 放送予定
     「柔らかい心」 第26週 (3月28日~4月2日)  公式サイト


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5359-31faf65d