嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第34話 本当の剛太郎は今? - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 嵐の涙~私たちに明日はある » 嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第34話 本当の剛太郎は今?

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第34話 本当の剛太郎は今?

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある 第34話 3月17日(木) あらすじです。

    まずは、33話のあらすじ、ネタバレ、感想です。
    記憶が戻った剛太郎(雄介)は、大造と二人だけで話をするつもりなのですが、中々都合が付かずにいました。

    そんななか、春子の実の父親だと名乗る岩上という男が訪ねてきて、里子を悩まします。

    宮崎工房に戻ることになった里子と春子は、招き猫作りを再会します。
    さらに、九兵衛は、自分の工房を閉めた為、宮崎工房で一緒に製作することになりました。

    別の日、里子は逃げたり隠れたりもせず、岩上と直接会って話をすることを決めます。
    その間、まきは、春子を枝川家で預かってくれました。

    里子は、順子の店で待ち合わせします。
    岩上は、どうして里子を疑っているのか、これまでの経緯を話し始めました。

    10年前に娘が居なくなった当時、小学校の日曜学校で事故があって、行方不明者が出たこと。
    その後、小学校で女性教師が、事故の責任をとって辞めさせられた。
    そこから里子にたどり着き、同じ頃に娘が居なくなった事から、旦那と子どもを無くした里子が怪しいと探していたそうです。

    里子は、すべてを調べ上げられている岩上に動揺します。
    しかし、行方不明になった自分の旦那と娘は生きていると告白しました。

    岩上は、とりあえず帰りましたが、このままでは終わらないと言います。
    フリーライターの仕事をしている為、大きなスクープがほしいと。
    自分は、すっぽんの岩上と言われていた。証拠を探し出して、娘を返してもらうと吐き捨てます。



    明日の続きは…
    自分が石原雄介だという確信をした雄介は、では、本当の剛太郎はどこに居るのか?不思議に思います。
    けれど、枝川家と里子と春子の幸せを壊す事は出来ずにいました。
    今の幸せな生活を守る為、辛い選択をする二人です。
    「嵐の涙~私たちに明日はある」第34話 3月17日(木) あらすじに続きます。
    スポンサード リンク

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある
    34話 フジテレビ・東海テレビ
    2016年3月17日(木) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    嵐の涙~私たちに明日はある 第34話 あらすじ ネタバレ

    10年前の事故で失った娘の代わりに、当時赤ちゃんだった自分の子ども(ほの花)を誘拐したのではないかと詰め寄ってくる岩上(乃木涼介)に、里子(佐藤江梨子)は、夫・雄介(宅間孝行)と娘の春子(舞優)は生きていたと反論する。
     その頃、剛太郎(宅間孝行)は本物の剛太郎(土屋裕一)がまき(遠藤久美子)に宛てて書いたエアメールを読んでいた。自分は間違いなく石原雄介であり、この手紙を書いた剛太郎は今どこにいるのだろうか...。手紙をしまいながら、剛太郎は一人、思い悩む。
     陶芸家・宮崎(斉藤陽一郎)の手伝いで、窯焚き用の薪を引き取りに南知多の製材所を訪ねた里子。その帰り、地元では縁結びの聖地として有名な"野間の灯台"まで足をのばすことに。すると、打ち合わせを終えた剛太郎と偶然そこで出会う。10年前まで互いを愛する夫婦だった二人は、今の生活を何があっても守っていくと、過去とは永遠に別れる決心をして...。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「嵐の涙~私たちに明日はある」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5362-9f6cb216