嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第35話 私のお母さんじゃない - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » 嵐の涙~私たちに明日はある » 嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第35話 私のお母さんじゃない

    最新記事一覧

    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020
    朝ドラ「エール」64話(6/25) 第13週「オーディション結果」 Jun 18, 2020
    朝ドラ「エール」63話(6/24) 第13週「ライバル!ミュージックティーチャー」 Jun 17, 2020

    朝ドラ エール



    ※「エール」の最終回は11月28日に変更されました。
    放送回数は全130回から120回に調整。
    本編再開は9月14日から放送開始

    連続テレビ小説「エール」
    NHK総合 毎週月曜~土曜 3/30(月)スタート!
    エール 概要
    第01週/001回~005回/(03月30日~04月03日)「初めてのエール」
    第02週/006回~010回/(04月06日~04月10日)「運命のかぐや姫」
    第03週/011回~015回/(04月13日~04月17日)「いばらの道」
    第04週/016回~020回/(04月20日~04月24日)「君はるか」
    第05週/021回~025回/(04月27日~05月01日)「愛の狂騒曲」
    第06週/026回~030回/(05月04日~05月08日)「ふたりの決意」
    第07週/031回~035回/(05月11日~05月15日)「夢の新婚生活」
    第08週/036回~040回/(05月18日~05月22日)「紺碧(ぺき)の空」
    第09週/041回~045回/(05月25日~05月29日)「東京恋物語」
    第10週/046回~050回/(06月01日~06月05日)「響きあう夢」
    第11週/051回~055回/(06月08日~06月12日)「家族のうた」
    第12週/056回~057回/(06月15日~06月16日)「父、帰る」
    第12週/058回(06月17日「古本屋の恋」
    第12週/059回~060回/(06月18日~06月19日)「環のパリの物語」
    第13週/061回~065回/(06月22日~06月26日)「スター発掘オーディション!」
    第14週/066回~070回/(09月14日~09月18日)「弟子がやって来た!」
    第15週/071回~075回/(09月21日~09月25日)「先生のうた」
    第16週/076回~080回/(09月28日~10月02日)「不協和音」

    スポンサード リンク

    嵐の涙 あらすじ・ネタバレ 第35話 私のお母さんじゃない

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある 第35話 3月18日(金) あらすじです。

    まずは、34話のあらすじ、ネタバレ、感想です。
    雄介は、藤塚剛太郎が誰なのか知りたくなり、過去にまきとやり取りしていたというエアメールを読みます。
    その手紙の中で、藤塚剛太郎という人物は、どういった人間であったのか、両親や子どもの存在を知ることになります。

    そこで、疑問が浮かびました。
    自分は、剛太郎として生きている…
    本当の藤塚剛太郎と子どもは、何処に…。
    真実を知るのは、大造のみです。

    一方、里子と春子は、宮崎工房で働いています。
    里子は、工房で使う薪を貰う為、お使いで出かけました。

    「近くに素敵な海岸&灯台があるから行ってみたら~」とお店の人に言われ、行ってみた里子は、偶然、雄介と会います。
    雄介は、この場所は大事な場所だと言います。
    10年前の記憶を失ってから枝川剛太郎として生きていく為、ここで誓ったのだとか。

    里子は、雄介の知らない、これまでの経験してきた10年間の話をし始めました。
    雄介と春子を亡くしたこと。
    順子のアパートの隣の部屋から赤ちゃんを連れ出したこと。
    それが、春子だと言うこと。
    赤ちゃんを連れて、入水自殺をしようとしたことなど。

    里子は、もし、雄介と春子が生きていたとしても、二人との生活は望まないと言います。
    春子を幸せにする責任がある。
    自分が母親だと信じて育てている春子と、人生を歩んで行くと宣言します。

    雄介は、涙をたくさん流しながら、里子の話を聞きます。

    里子は、海に向かって大きな子で、雄介と春子にサヨナラを言います。

    里子:「雄介さん!春子!永遠にサヨナラ!!」

    雄介:「里子、ごめん…」
    里子:「雄介さん、ありがとう…」

    雄介と里子は、別々の人生を歩んでいく事を決意しました。



    明日の続きは…
    お互いの家族を守る為、今までどおりの人生を選んだ里子と雄介。
    しかし、ある出来事によって春子が秘密を知ってしまいます。
    すみれの母親が里子だと知り、ショックをうけた春子は…。
    「嵐の涙~私たちに明日はある」第35話 3月18日(金) あらすじに続きます。
    スポンサード リンク

    昼ドラマ 嵐の涙~私たちに明日はある
    35話 フジテレビ・東海テレビ
    2016年3月18日(金) ひる1時25分~13時55分
    公式サイト

    嵐の涙~私たちに明日はある 第35話 あらすじ ネタバレ

    雄介(宅間孝行)としての過去は捨て、これまで通り茶道枝川流の理事長として生きていくことを決意した剛太郎(宅間孝行)は、妻・まき(遠藤久美子)とともに、娘・すみれ(舞優)の成長を見守っていくことに。
     一方、里子(佐藤江梨子)は、剛太郎が、10年前、雄介だった頃の失っていた記憶を完全に取り戻したのだと確信。順子(宮地真緒)から、雄介とすみれとして育てられている実の娘・春子(舞優)とで、元の家族に戻った方がいいと言われる里子だったが、今の私には実の娘だと偽って10年間育ててきたもう一人の春子(ほの花)の幸せを守る責任があり、このままの生活を続ける方が良いと言うが、心の内では雄介と実の娘への想いを押し殺していて...。
     枝川会館では、ぬいぐるみがたくさん入った段ボールの中で遊んでいた春子が、ぬいぐるみと一緒に段ボールに入ったまま理事長室に運ばれてしまう。まさか春子が段ボールの中で話を聞いているとは夢にも思わない剛太郎は、大造(竜雷太)に対して、自分は藤塚剛太郎ではなく里子の夫・石原雄介で、すみれは自分と里子の間に産まれた実の娘・春子だと明かす。箱の中で昼寝から目覚めた春子は二人の話を聞いてしまい...。

    出典:フジテレビ

    ◇昼ドラマ 「嵐の涙~私たちに明日はある」 フジ・東海テレビ系列 ひる1時25分から13時55分


    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5363-9f761707