とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 1話 小橋家の家訓 - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 1話 小橋家の家訓

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 1話 小橋家の家訓

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第1週 1話の内容、ネタバレになります。

    戦後、一世をふうびする生活総合月刊誌『あなたの暮し』を創刊した、小橋常子の半生記がはじまります!
    ヒロインは三姉妹の長女、常子・10歳。
    学校で出された宿題をするためにとった行動が、大騒ぎとなってしまい…。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。



    とと姉ちゃん 第1週 1話 「常子、父と約束する」 あらすじ


    昭和5年(1930年)静岡県遠州地方。

    ヒロインの小橋常子は、きれいなものが大好きな好奇心旺盛で行動力のある三姉妹の長女。

    父・竹蔵(とと)と母・君子(かか)を両親に持ち、10歳の常子、9歳の鞠子(まりこ)、4歳の美子(よしこ)、の五人家族です。

    綿織り物を製造する遠州浜松染物工の営業部長を務める父・竹蔵は変わり者として知られていました。


    ある日、常子は「綺麗なものを書く」という宿題をする為、町の景色を一望できる7メートルもの高さのある物干し台に登り、色鮮やかな布が風になびく光景に目を輝かせます。

    いざ下りようとすると急に怖くなってしまった常子。

    あまりの高さに足がすくんでしまいます。

    大騒ぎとなってしまいました。

    結局、常子は危うく落下しそうになりながらも、何とか無事に下りて来ることができました。



    常子は、駆けつけて来た竹蔵に叱られることを覚悟するものの、意外にも竹蔵は常子のとった行動を褒めたたえます。

    「自分で考え、自分で行動したことは、すばらしい!」と。

    竹蔵は、頭をなでて褒めるてくれたのでした。


    小橋家には家訓があり、月に一度家族全員でおでかけすることを習いとしていました。

    ある日のこと竹蔵は仕事の都合で、小橋家の家訓を初めて破られる事になります。

    三姉妹を深く落胆してしまいます。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(1) 2016年4月4日(月)
     「常子、父と約束する」 第1週 (4月4日~4月9日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5375-02137e02