とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 20話 植物男子との出会い - ドラマの付箋

    ドラマの付箋 ホーム » とと姉ちゃん » とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 20話 植物男子との出会い

    最新記事一覧

    朝ドラ史上初3人の“朝ドラ”ヒロイン 連続テレビ小説カムカムエヴリバディ May 28, 2021
    朝ドラ 連続テレビ小説「エール」タイトルまとめ Sep 25, 2020
    朝ドラ「エール」15週「先生のうた」まとめ(9/21日~9/25日) Sep 24, 2020
    朝ドラ「エール」9月14日からスタート開始!66話 Sep 08, 2020
    朝ドラ「エール」65話(6/26) 第13週「久志、研究生へ」 Jun 19, 2020

    とと姉ちゃん あらすじ ネタバレ 20話 植物男子との出会い

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第4週 20話の内容、ネタバレになります。

    常子と鞠子は、一風変わった学生と出会います。
    常子は、まったくもって興味を示しませんが、鞠子は興味深々です。
    そんななか、君子はある悩みを抱えていました。

    さらに詳しい内容は、この続きからとなります。
    もう少しネタバレしてもよい方は、続きをどうぞご覧下さいませ。


    とと姉ちゃん 第4週 20話 「常子、編入試験に挑む」 あらすじ


    ある日、常子と鞠子は近所にある富岡八幡宮の境内で、帝大生と出会いました。

    彼は、植物の研究をしている学生・星野武蔵です。

    星野は地面にはいつくばり、植物に水を与えない実験の真っ最中でした。

    ”植物は水をやらないと生命力を高めるのか?”

    その実験をしているのだと言います。


    植物をこよなく愛する星野は、植物の持つ生命力の強さを初対面の常子と鞠子に力説します。

    星野の話に興味を示す鞠子に対して、ドン引きする常子。

    星野のもとから逃げるようにその場を後にしました。


    同じ頃、君子は悩んでいました。

    君子は一日も早く森田屋の役に立ちたいと懸命に働きますが、森田屋の多忙極める仕事に君子はついて行くことが出来ずにいました。

    何の役にもて立てない自己嫌悪の君子です。

    ◇平成28年度前期 NHK 連続テレビ小説 朝ドラ 
     とと姉ちゃん(20) 2016年4月26日(火)
     「常子、編入試験に挑む」 第4週 (4月25日~4月30日)  公式サイト

    スポンサード リンク
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://doramahusen.com/tb.php/5396-2b181938